NEWSCASTニュースガイドライン

公開・配信できない内容

以下の内容は、ニュースの公開、メディア配信を禁止しています。禁止されたニュースが見つかった場合、会員の許可なく公開を停止、または、メディア配信予約の停止等、対応処置を実施させていただきます。

利用規約で禁じている内容

次の内容は、利用規約により禁止しています。

(1)虚偽である場合、または虚偽である可能性が高い場合。
(2)第三者のプライバシーまたは営業秘密、名誉等を侵害している場合、または侵害する可能性が高い場合。
(3)第三者の著作権その他の知的財産権を侵害している場合、または侵害する可能性が高い場合。
(4)訴訟に纏わる場合。
(5)事務局で理解できず、判断が出来ない場合。
(6)風俗やアダルト、出会い系、ギャンブルを推奨する内容に類する場合。
(7)わいせつ、または若年層にとって不適切である、または第三者に不適切と捉えられるである可能性がある場合。または年齢制限が設けられている場合。
(8)人種、民族、性別、社会的身分、居住場所、身体的特徴等の差別につながる表現が含まれている、または第三者に含まれていると捉えられる可能性がある場合。
(9)非科学的、または迷信に類する場合。
(10)本サービスと競合する場合。
(11)ねずみ講、マルチ商法等の違法な活動に類する場合。
(12)法律、条例その他の法令で禁止されている行為または違反となる行為を連想させる場合。
(13)公序良俗に反する、または、社会的に不適切である場合。
(14)一般の方が不快に感じる画像、言葉、その他の表現の掲載がある、またはその可能性がある場合。
(15)一般の方が一部でも不快・悪質と感じるもしくは第三者を批判する政治的活動・宗教的活動、またはその可能性があると捉えられる場合。
(16)その他、事務局独自の調査等によりニュースリリースとして相応しくないと判断した場合。

プレスリリースの発行者名(ブランド)と本文の主語が異なる内容

ニュースリリースの主語は、必ず発行者名(ブランド)と同一のものとしてください。NG例に当てはまる内容は配信・公開できませんので、OK例に沿って書き直してください。

NG例:

・主語が明確でない文章、発行者以外の第三者目線で書かれた文章
・自社の製品/サービスに関する内容ではなく社会一般について述べた内容、コラムなど
・主語は発行者ブランドであるが、本文の主たる内容が発行者の商品・サービスに関連しないことを中心に構成され、自社サイトURLや商品の宣伝に繋げる手法

OK例:

・本文の書き出しは必ず発行者を主語にした文章としてください。
・自社で行ったアンケート調査結果などエビデンスのある新情報については配信可能です。その場合、書き出しを「発行者は~~~の調査を行いました」とし、調査主体を明確にしてください。

新型コロナウイルス(COVID-19)の予防、治療、体験談等に直接関係する情報(2020/04/21更新)

新型コロナウイルスによる社会的な影響を鑑み、当面の間、下記の内容についてもニュース公開・メディア配信を禁止いたします。

・新型コロナウイルス(COVID-19)の予防、治療、体験談等に直接関係する情報をコラム形式で配信すること
・一般的な健康増進、病気の予防、除菌等に関する内容についても医学的な根拠に乏しいと事務局が判断した場合、公開を中止することがあります。

同じ内容を何度も公開・メディア配信する行為

同一の内容(または著しく類似していると事務局が判断した内容)を何度もニュース作成・公開・メディア配信することはできません。
ただし、下記の場合は配信が可能です。

OK例:

・同じイベントについて「開催決定」「開催前の新情報発表」「開催直前」「開催報告」などタイミングを変える(ニュース本文も、その時点での最新情報を盛り込むなど内容を変えてください)
・同じテーマについて「経済情報誌向け」「一般ニュース向け」などターゲットメディアに合わせて書き方を変えて、別々のメディアリストに送る(タイトルだけを変えて本文が同一の場合は、片方は「非公開」の設定としてください)

メディア配信が制限される内容

次の内容は、ニュースリリース配信をお断りするか内容の変更をお願いする場合があります。なお、ニュースの作成およびNEWSCASTサイト上での公開は可能です。

ニュース性がなく、メディアが記事化できないもの

NEWSCASTではメディアに「ニュースや記事のネタ」を送ることをお約束しているため、ニュース性のないニュースについては配信内容を制限しています。

NG例:

・「○○○の記事を公開しました」
・「○○○にならない5つの手法」
等、ブログ形式の情報は配信を制限させていただきます。

すでに発売済みの製品・サービス

NEWSCASTではメディアに「ニュースや記事のネタ」を送ることをお約束しているため、すでに発売済みの製品・サービスについては配信内容を制限しています。下記の例を参考に、「ニュースや記事のネタ」となる内容に変更してください。

NG例:

・発売から1ヶ月以上経過して、または発売日を伏せて「新発売」を謳うこと
・特に新しい情報がなく、既存製品/サービスの紹介のみの内容

OK例:

・キャンペーン実施
・商品やパッケージのリニューアル
・販路拡大(取り扱い店舗の増加、ECでの販売開始 など)
・販売サイトのリニューアル、新しい広告掲載など宣伝方法の変更
・販売実績報告(発売◯ヶ月で◯個を販売 など)
・季節や社会情勢と絡めて既存製品/サービスの紹介をするニュースレター(※内容によりお断りする場合があります)