近畿大学医学部および近畿大学病院を大阪府堺市へ移転 起工式を執り行い、本体工事に着工

起工式で穿初の儀(うがちぞめのぎ)を行う学校法人近畿大学理事長 世耕 弘成
起工式で穿初の儀(うがちぞめのぎ)を行う学校法人近畿大学理事長 世耕 弘成

学校法人近畿大学(大阪府東大阪市)は、医学部および近畿大学病院の大阪府堺市泉北高速鉄道泉ケ丘駅前への移転に向けて、令和4年(2022年)10月22日(土)に起工式を執り行いました。今後、本体工事に着工します。

【本件のポイント】
●近畿大学医学部および近畿大学病院の移転に向けて起工式を執り行い、本体工事に着工
●令和7年(2025年)7月の工事終了、同年11月の移転をめざす
●近畿大学創立100周年記念事業ならびに医学部開設50周年事業の一環として実施

【本件の内容】
近畿大学医学部および近畿大学病院は、令和7年(2025年)11月(予定)に、大阪府堺市の泉北高速鉄道泉ケ丘駅前へ移転します。本プロジェクトは、近畿大学創立100周年記念事業ならびに医学部開設50周年事業の一環として実施するもので、令和7年(2025年)が創立100周年の年にあたります。
この度の起工式をもって本体工事に着工し、終了は令和7年(2025年)7月を予定しています。この移転・建替えによって、近畿大学病院は日本でも有数の高度先端医療機関であるという評価をさらに高め、アジア・世界での認知度を飛躍的に上昇させる未来志向型病院へと生まれ変わります。また新病院への移転を契機に、学校法人近畿大学における医療事業全体の社会性・効率性と安定的経営基盤を確立し、最先端高度医療の継続的提供とハイレベルな研究体制を構築・堅持することを目的としています。さらに、その結果として様々な世界大学ランキングで上位にランクインできるような医学部・病院をめざします。

【工事概要】
工事名称:近畿大学医学部・近畿大学病院新築工事
工事場所:大阪府堺市南区三原台1丁3番9 他
施主  :学校法人近畿大学
プロジェクトマネージャー:株式会社インデックスコンサルティング
設計施工:〈A工区〉株式会社大林組
     〈B工区〉フジタ・南海辰村特定建設工事共同企業体
     〈C工区〉未定
工期  :令和4年(2022年)5月~令和7年(2025年)7月
総事業費:約790億円

【新病院の特徴】
●全国でも高い実績を誇るがん・心血管疾患の治療を中心に、更なる先端医療の提供と医学研究の強化に取り組む
●手術室、重症病床の増床のほか、日帰り手術・外来処置の促進に向けて施設面を拡充する
●患者満足度向上を意識したITサービスの活用をはじめ、地域の医療機関や住民に向けてもITサービスを提供する

<近畿大学病院 新旧比較>

近畿大学病院 新旧比較
近畿大学病院 新旧比較

【完成イメージ】

イメージパース(イメージであり、変更の可能性があります)
イメージパース(イメージであり、変更の可能性があります)

【計画図】

(今後の検討により変更の可能性があります)
(今後の検討により変更の可能性があります)

【建物詳細】

建物詳細
建物詳細

【これまでの時系列】
平成26年(2014年)7月16日
大阪府、堺市、学校法人近畿大学が、泉ヶ丘駅前地域における近畿大学医学部等の設置に関する基本協定を締結

令和2年(2020年)9月30日
近畿大学医学部および近畿大学病院の大阪府堺市への移転を発表

令和3年(2021年)9月13日
設計施工者の決定を発表

令和4年(2022年)5月9日
準備工事に着工

【関連リンク】
医学部
https://www.kindai.ac.jp/medicine/
近畿大学病院
https://www.med.kindai.ac.jp/