5月1日は「#自転車ヘルメットの日」。SNSにみんなでヘルメット投稿、自転車のマナーアップを!

〜交通ルールと自転車ヘルメット着用啓発SNSキャンペーン〜

5月1日は「自転車ヘルメットの日」SNSにヘルメット着用スタイルを投稿しよう
5月1日は「自転車ヘルメットの日」SNSにヘルメット着用スタイルを投稿しよう

自転車関連事故は年間9万件以上!死因トップは頭部損傷

 自転車が関係する交通事故は年間9万件以上。その死者数のうち6割以上の原因が頭部損傷によるもの。ただし自転車ヘルメットを着用していたことで、死に至った割合は4分の1に減る、というデータ*があります。
 毎年5月は自転車の安全利用を促す「自転車月間」。その最初“頭”にあたる5月1日を「自転車ヘルメットの日」として記念日登録している株式会社オージーケーカブト(代表取締役社長・木村秀仁)が自転車ヘルメット着用の重要性をアピールすべく、ツイッターなどSNSで自転車ヘルメットに関する投稿を呼びかけています。

#自転車ヘルメットの日 #カブトかぶろ #自転車安全利用五則 で投稿しよう!

 SNS投稿については、自転車安全利用の象徴ともいえる「自転車ヘルメット」に関することならなんでもOK。自身や家族、子供のヘルメット姿、頭を守る大切さや自転車転倒の体験談などをハッシュタグ 「#自転車ヘルメットの日」や「#カブトかぶろ」、また警視庁による「#自転車安全利用五則」※などとともに自転車のマナーアップ意識を高める内容を、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどに投稿しましょう。

「やさしい未来のために。」自転車走行マナーを意識しよう

 新型コロナウィルスの感染拡大の影響で自転車利用者の増加とともに走行マナー問題も急増、自転車利用時のマナーアップは必須課題。クルマ目線、歩行者目線だけでなく、道路は“みんなが利用するもの”という意識を持ってほしい、また自分自身はもちろん家族や身近な人を自転車事故から守り、自転車にヘルメットは当たり前、という意識の浸透を狙うオージーケーカブトは「やさしい未来のために、カブト、かぶろ。」というスローガンをかかげ警察や各自治体とともに安全啓発活動を行っています。
 今回のSNS啓発キャンペーンを機に、毎年5月のスタートは、自転車ヘルメットの必要性、交通ルール認知、マナーアップ促進を、#自転車ヘルメットの日 #カブトかぶろ #自転車安全利用五則 とともに広めて一緒に考え、自転車事故を減らしていきましょう。

*(出典:交通事故総合分析センター「交通事故分析レポートNo.97」より)
https://www.itarda.or.jp/contents/170/info97.pdf
ニューノーマル時代に対応すべく2021年3月に発売した「CANVAS(キャンバス)」シリーズは年間販売予定数をわずか1ヶ月でクリア。通勤通学の自転車利用にヘルメット着用者が着実に増加中
ニューノーマル時代に対応すべく2021年3月に発売した「CANVAS(キャンバス)」シリーズは年間販売予定数をわずか1ヶ月でクリア。通勤通学の自転車利用にヘルメット着用者が着実に増加中
2019年から2020年にかけて、前年度の2倍以上の販売数となったオージーケーカブトのシティタイプヘルメット「KOOFU CS-1」。スタイリッシュさと軽さ(235g)で人気
2019年から2020年にかけて、前年度の2倍以上の販売数となったオージーケーカブトのシティタイプヘルメット「KOOFU CS-1」。スタイリッシュさと軽さ(235g)で人気
世代を問わず自然なイメージのアウトドアテイスト自転車ヘルメット「DAYS(デイズ」(2021年4月発売)。シェル帽体に帽子をかぶせる新スタイルが好評
世代を問わず自然なイメージのアウトドアテイスト自転車ヘルメット「DAYS(デイズ」(2021年4月発売)。シェル帽体に帽子をかぶせる新スタイルが好評
国内シェアNo.1(SG基準品・当社調べ)のCHILDMETシリーズ
国内シェアNo.1(SG基準品・当社調べ)のCHILDMETシリーズ