祝・御礼!販売開始から2日で完売! 日本初の試みとなるヘビーメタルバンド「LOUDNESS」の NFT新曲(数量限定版)が300点即売! 引き続き、通常版及びオークションは販売中-8月20日正午迄!

The NFT Records

株式会社クレイオは、音楽専門のNFTマーケットプレイス『The NFT Records』にて、8月10日正午より販売していた、世界で最も有名な日本人ギタリスト高崎晃率いるLOUDNESSの公式NFT『数量限定版』300点が、2日で完売したことをお知らせ致します。

完売した限定商品は、8月5日限定ライブにて突然公開された新曲「大和魂」(※スタジオレコーディング音源)をはじめ、サイン入りメンバーソロ写真(デジタル掲示)、ギターピンズ(一部はサイン入り)等がセットになった300点でした。
配送物に関しては随時配送を開始してまいります。
なお、対象者の皆様全員にメールにて配送先を送付済です。ドメインthenftrecords.comからのメールが受取れていないと思わしき方は、お問い合わせよりご連絡ください。

なお、サイト上では引き続き、「LOUDNESS “大和魂”40th 記念NFT オークション限定版」および「LOUDNESS“大和魂” 40th 記念NFT 通常版」を販売中です。
「LOUDNESS“大和魂” 40th 記念NFT 通常版」も数量限定販売となっております。どうぞふるってご参加ください。

◆基本概要

結成40周年を迎えるLOUDNESS。
2021年8月5日、Zepp Tokyoにて行われた一夜限りの“真夏の追加公演”にて初披露された新曲「大和魂」および「OEOEO」が、『The NFT Records』にてNFT(ストリーミング配信)ドロップ販売されることが発表され、本日8月10日正午より期間及び数量限定にて販売開始しています。
あわせて、「LOUDNESS 40th 記念NFT オークション限定版」も開催中。

楽曲は購入後、『The NFT Records』のマイコレクションにてお楽しみいただけます。
※現在、この新曲2曲は『The NFT Records』でのみ購入可能です。

◆商品詳細

①「LOUDNESS “大和魂”40th 記念NFT オークション限定版」
LOUDNESS 結成40周年 記念NFT。世界でたった1点のみのオークション販売。
8月5日の東京公演で披露された新曲「大和魂」「OEOEO」の楽曲に加え、ライブ写真他、豪華商品フルセット。なんと、メンバー全員からのサイン入りスカジャンもついてくる!
セット内容
- スタジオレコーディング音源「大和魂」
- スタジオレコーディング音源「OEOEO」
- スカジャン 全メンバーのサイン入り(サイズXL)
- NEWERA❘LOUDNESS 9FIFTY 40th Anniversary Model(フリーサイズ スナップバック仕様)
- ギターピンズ・コンプリートセット(10種類:うち1点は未発売)
- 8月5日のライブ写真(15点)
- ジャケット写真

<下記完売>
②「LOUDNESS “大和魂”40th 記念NFT 数量限定版」
価格:税込2,750円(日本国内はネコポス配達料込)

③「LOUDNESS“大和魂” 40th 記念NFT 通常版」
8月5日の東京公演で披露された新曲「大和魂」「OEOEO」の楽曲を収録した、LOUDNESS 結成40周年 記念NFTを1,000点のみ期間限定販売。
セット内容
- スタジオレコーディング音源「大和魂」
- スタジオレコーディング音源「OEOEO」
- ジャケット写真
- 40周年ロゴ
- 価格:税込880円・配送物なし

◆LOUDNESS プロフィール

1981年、樋口宗孝(ds)、高崎晃(g)、二井原実(vo)、山下昌良(b)の4人で“LOUDNESS”を結成。日本のハード・ロック・シーンを揺るがすファースト・アルバム『誕生前夜~THE BIRTHDAY EVE』をリリース、浅草国際劇場でのデビュー・コンサートで圧倒的なライヴ、その後も国内で精力的な活動を続け、わずか3年でアメリカのアトランティック・レコードと、日本のバンドとしては初となるワールドワイドでの複数枚契約を結び、1985年記念すべき世界発売となったアルバム『THUNDER IN THE EAST』は、アメリカ「ビルボード誌」のチャートで日本人バンドとしては異例の74位を記録し、連続19週に渡ってチャート・インし続け、モトリー・クルーとの全米ツアーでは、日本のバンドとしては初のマジソン・スクエア・ガーデンのステージに立つという快挙も成し遂げた。続くアルバム『LIGHTNING STRIKES』はビルボード誌で前作を凌ぐ64位を記録し、その後も国内外で精力的な活動をつづけるも1988年二井原が脱退。そこから数度に及ぶメンバーチェンジを繰り返した後、2000年にオリジナル・ラインナップによる再結成を果たし、ブランクを埋めるがごとく怒涛のリリースラッシュと、精力的なライヴ活動をつづけるが、2008年ALBUM『METAL MAD』をリリース後、樋口が体調を崩し、その後半年間にわたる過酷な闘病生活の甲斐なく、肝細胞癌のため49歳という若さでこの世を去る。その後、後任ドラマーに鈴木“あんぱん”政行を迎え入れ、バンドは休む間もなく活動を続行。2014年には自らのマネージメント&レーベルとなるカタナミュージックを立ち上げ、アルバム『THE SUN WILL RISE AGAIN~撃魂霊刀』をリリース、海外の様々なフェスから声がかかるようになり、2018年再びワールドワイドの契約も手に入れたアルバム『RISE TO GLORY -8118-』を全世界リリースするが、日本ツアー直前にドラマーの鈴木が脳梗塞で倒れ、急遽サポートに西田“Dragon”竜一を迎えツアーを敢行。その後もヨーロッパのフェスや、初のオーストラリア・ツアー、メキシコ初上陸のフェス出演。リハビリに励む鈴木も、そして国内のステージでは、徐々にパフォーマンスもできるようになり、コロナ禍の2020年、五人態勢でレコーディングに挑んだ40周年作品の第一弾が、いよいよここNFTより狼煙をあげる。

<The NFT Recordsについて>
音楽専門のNFTマーケットプレイス。
The NFT Recordsでは、商品を仮想通貨ではなくクレジットカードなどの法定通貨で購入することができます。
なお、The NFT Recordsで購入した音楽、MV、ジャケット写真、アーティスト写真などはThe NFT Recordsの「マイコレクション」ページで楽しむことができます。

<NFTについて>
NFTとは、デジタルのものであっても、ユーザーが確かにそれを持っていることを証明してくれる仕組みのことです。
NFTを買うということは、ユーザーの好きなアーティストと共に喜びを分かち合うことにつながります。NFTの楽しみ方の一つとして、急激に市場が拡大しています。

<The NFT Recordsが取り扱うNFTについて>
The NFT Recordsは音楽原盤および各種データを権利元から正式に許諾を受けて商品化し、NFT商品としてお客様にお届けします。NFT商品の原盤権や著作権はアーティストまたはレーベル各社が権利を保有しており、NFTは原盤権や著作権を販売・譲渡するものではありません。
また、販売されるNFT商品には一つ一つ固有のシリアルナンバーが入っております。その番号を持っているのは購入者のみとなり、購入者がその商品を「所有」することとなります。購入し受け取った商品は、今後展開または連携予定の二次販売マーケットにて、他者に譲渡することも可能です。

<環境への配慮について>
The NFT Recordsは、環境に配慮した設計を心掛けています。
当社のマーケットプレイスでは、ブロックチェーンネットワークで一般的な、計算競争によるPoW (プルーフ・オブ・ワーク)というコンセンサスアルゴリズムを使っていないため、電力を大きく消費することがなく、環境に配慮した設計になっています。
【株式会社クレイオ 会社概要】
本 社:東京都港区赤坂3丁目7番地13号
代 表 者:代表取締役社長 神名秀紀
設 立:2019年4月22日
事 業 概 要:マーケットプレイスの企画・開発・制作・運営、動画配信サービスの開発・運営。

=========================================================
The NFT Recordsには、経験豊富なNFTの専門家及び、エンターテインメント界に精通する多彩なメンバーがそろっています。レーベル様単位でのNFT化、アーティスト様のNFT楽曲販売についてのサポートなどを行わせていただきます。