遺跡が眠る地で、遊びながら学ぶことができる謎解きゲーム。 親子で触れる弥生時代、高槻の安満遺跡公園で11/1(月)から

リアル謎解きゲームを使ったプロモーションを提案する株式会社ハレガケ(本社:東京都豊島区、代表:黒田洋介)と株式会社マッシュは、安満遺跡公園パートナーズ(所在地:大阪府高槻市)主催で、「歴史リアル謎解きゲーム」イベントとして「タイムスリップ安満遺跡~弥生文化の開拓者~」を2021年11月1日(月)から2022年3月31日(木)まで開催します。

イベントメインビジュアル
イベントメインビジュアル
安満遺跡公園イメージ
安満遺跡公園イメージ

このイベントは安満遺跡公園内をめぐる謎解きゲームを楽しみながら、弥生時代の歴史を学ぶことが出来るイベントです。ファミリーや友達同士でなど、弥生時代のムラを再現した公園内の展示で弥生時代の生活を知りながら、実際にあった遺跡の上で楽しむことができます。また、謎解きゲームではありつつ、ストーリーは弥生時代の歴史を学べるものになっている上、自由参加・行動のイベントであり、密を避けられるイベントとなっているため、校外学習での利用も可能です。

内容

弥生時代初期の集落が出土した安満遺跡を体験的に楽しめるリアル謎解きゲームです。ゲームストーリーに沿って昔の墓や水田など、実際に入り込める弥生時代のムラの展示を巡りながら、弥生時代について学べます。3密を回避できる広大な公園で楽しめる体験型レジャーです。難易度は大人1人、または、親子で解けるくらいの内容です。

参加方法・進め方

安満遺跡公園 パークセンター公園事務室の受付にてキットを購入してゲームスタートです。考古学者のたまごとして安満遺跡で発掘調査をしていると、弥生時代にタイムスリップしてしまったところから物語が始まります。安満遺跡公園内をめぐり、謎を解きながら、弥生文化について学びを深めることができます。謎の答えを受付に報告することで、エンディングとなりゲームクリアです。

用語補足

リアル謎解きゲーム

参加者の「ひらめき」が鍵となる体感型ゲームイベントです。頭と体を使い、次々現れる謎や暗号を解くことでゲームストーリーが展開します。物語の世界に入り込み、自分が一人のキャラクターとしてストーリーを進める「主人公体験」が人気を集めています。

ストーリー

弥生時代の古代遺跡“安満遺跡”。
発掘調査中に小さな勾玉を見つけたあなたは――なんと弥生時代へタイムスリップしてしまった!?

突然放り出された古代の地で出会ったのは、ムラを拓こうとする開拓者たち。
弥生文化の謎を解き、あなたは元の時代へ戻ることができるのか!?

タイムスリップ安満遺跡~弥生文化の開拓者~

日  程:2021年11月1日(月)から2022年3月31日(木) 予定
休 催 日:年末年始(2021年12月29日から2022年1月3日まで)
※新型コロナウイルス感染症などの影響により予告なく休止する可能性がございます。
会  場:安満遺跡公園(〒569-0096 大阪府高槻市八丁畷町12番3号)
受付場所:安満遺跡公園 パークセンター公園事務室
受付時間:9:00~15:00(最終解答受付 18:30)
目安プレイ時間:2~2.5時間程度
アクセス:阪急京都線「高槻市駅」から徒歩10分、JR京都線「高槻駅」から徒歩13分
参加方法:イープラスにてチケットを購入し、受付場所でキットを受け取る
     (現地のパークセンター公園事務室でも販売があります)
チケットhttps://eplus.jp/sf/detail/3514630001-P0030001
参 加 費:1,500円(税込)
主  催:安満遺跡公園パートナーズ
協  力:オープンたかつき運営会議(高槻市・高槻市観光協会・高槻商工会議所)
企画制作:株式会社マッシュ、株式会社ハレガケ(NAZO×NAZO劇団)

【安満遺跡公園へのお問い合わせ】(9:00~17:00まで)
電話:072-648-4725
FAX:072-648-4726

【 取材/掲載の問い合わせ窓口はこちら 】
Tel: 03-6912-7596 / Email: info@haregake.com (対応時間:平日9:00〜18:00)

株式会社ハレガケ

リアルプロモーションとしてリアル謎解きゲームを使ったイベントの企画提案から制作までを専門に行うイベント会社です、これまで200以上の実績を持っています。(創業:2012年)住所: 東京都豊島区高田3-21-2 ユニハイト東京ビル4階

株式会社ハレガケ
株式会社ハレガケ