緊急事態宣言解除以降も続くテレワークや“あつ森”ゲーム需要を受け イヤホン要らず“オーディオ付きPCメガネ”「GB-30」が予約販売好調!

小音量で大迫力、5.1チャンネル・ニアフィールドサラウンドサウンドシステムを導入

輸入代行事業を展開する株式会社GROW(グロウ)(本社:東京都世田谷区、代表取締役:齋藤浩喜、以下GROW)は、イヤホンを付けずに小音量で大迫力の音声が楽しめる“オーディオ付きメガネ”、スマートグラス「GB-30」を5月1日18時よりクラウドファンディング(GREEN FUNDING、kibidango)にて販売開始、開始2週間で400万円(購入者270人)を突破したことをお知らせします。カラーはブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの4色で、価格は21,890円(税込)です。

「GB-30」ゲームファンには堪らないレトロなデザイン
「GB-30」ゲームファンには堪らないレトロなデザイン

クラウドファンディングで発売するスマートグラス「GB-30」は、Mutrics社(中国・深セン)が開発したオーディオグラスで、2017年に初号機を発売、「GB-30」が2台目の製品となり、日本の総代理店としてGROWが「GB-30」を販売することになりました。こめかみ部分にある十字キー、ABボタン(音量調節ボタン)からも分かるように、ゲームユーザーを意識したデザインが特徴です。接続はBluetoothで接続したい機種から、「GB-30」を選択するのみ。スマホ接続時には十字キーでGoogleアシスタントやSiriを実行して電話着信にも対応、ビデオ会議やゲームの途中でもスマホに触れずに電話ができます。ここ数か月で在宅勤務、休校に伴うテレワーク(ビデオ会議)やオンライン学習にてモニターに接触する機会が増えてました。ゲーム機に限らずテレワークやオンライン学習のサポートになればという想いから、本製品の日本投入を決定しました。

イヤホン要らず、Bluetooth5.0接続で途切れずクリアに聞こえる5.1チャンネルサラウンドに変換

スマートグラス「GB-30」は、オープンイヤーオーディオテクノロジーを使用して、イヤホンを使用せずにステレオサウンドを内耳に転送、5.1チャンネルによるニアフィールドサラウンドサウンドシステムにより、耳もとで小音量の迫力あるサウンドを楽しめます。特にゲームユーザーにとっては臨場感あふれるBGMが楽しめるだけでなく、自然な音や会話も同時に楽しめるのが特徴です。Bluetooth5.0接続なので、対応する機種全てに接続可能、最大20メートルの距離でも電波状態を維持できるため通信遅延の心配もありません。ビデオ会議やオンライン学習で、少しの席を外したとしても音声を逃したりしません。

小さい音でも大迫力を演出できる、ニアフィールドサラウンドサウンドシステムを採用
小さい音でも大迫力を演出できる、ニアフィールドサラウンドサウンドシステムを採用

ブルーライトを30%カット、人間工学に基づいた設計で疲れにくい構造、バッテリーも4時間と長持ち

重さが33グラム、厚さが6ミリと一般的メガネ(平均35グラム)と同等ですが、人間工学に基づき、顔の形にフィットするように鼻や耳の後ろを痛めることが仕様に。レンズは、ブルーライトを30%(※)カットしたUV400のレンズを使用しており、長時間の利用を想定しています。バッテリーは、音楽再生であれば1回の充電で4時間ほど持続可能。長時間のビデオ会議も快適です。(※)EN規格(欧州統一規格)を採用。この計算式は世界で使用(日本のJIS規格も同様)。普段使いで25%程度、長時間利用で40%程度といわれています。

他人に迷惑をかけず、臨場感あふれる感動体験を味わえる
他人に迷惑をかけず、臨場感あふれる感動体験を味わえる

【「GB-30」商品詳細について】
価格は21,890円(税込)
カラー:4色/ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク
デザイン:オープンイヤータイプ
スピーカー:マイクロスピーカー
レンズ:2セット/ブルーグラデーションレンズ、ブルーカットレンズ
サイズ:ワンサイズのみ、レンズ無し33グラム、レンズあり44グラム、厚さ6ミリ
防水:あり/IP55仕様
通信:Bluetooth5.0
充電:磁気充電式プラグ-USB接続(専用ケーブル)、1回充電で音楽再生4時間

「GB-30」ブラック
「GB-30」ブラック
「GB-30」ホワイト
「GB-30」ホワイト
「GB-30」グリーン
「GB-30」グリーン
「GB-30」ピンク
「GB-30」ピンク

Mutrics社は、2020年1月にラスベガスで開催された世界最大の展示会CES2020に「GB-30」を出展、高評価を頂いています。GROWは、6月28日にクラウドファンディングを終了後、今年の秋をめどに日本国内の家電量販店やオンラインなどで一般販売を開始する予定です。

■株式会社GROWについて
 GROWは、ウェブマーケティング事業を柱に、国外の新しい商品をいち早く日本国内で認知・販売につなげる輸入代行事業を主に展開するベンチャー企業です。大きな特徴のひとつとして、総勢40社以上が加盟する輸入商社団体「PIU—Professional Importers' Union」の代表も務め、中小企業が大手商社にも太刀打ちできる仕組みを構築。2017年4月からPIUが行ってきたクラウドファンディングの販売実績(2018年11月現在)は、約1年半で件数69件、総額4億円を超える。中小企業のフットワークの良さとSNSによる情報連携を駆使しながら、まだ日本に無い商品をいち早く仕入れ、インターネットを中心にマーケティング・販売を展開しています。
企業名:株式会社GROW(グロウ)
代表取締役:齋藤 浩喜
創業:2015年3月
所在地:東京都世田谷区池尻2丁目4−5
事業内容:輸入・事業・WEB販促コンサルティング
資本金5,000,000円