20代が考える”着物文化継承”の為のサロン開設。クラウドファンディングにてプロジェクトスタート。

着物文化の継承と大切な日々に彩を与えるサロンの開設

歴史や思いが詰まっている着物文化を無くさない為に。現代の人と文化を一緒に継承・共有できるサロンの開設。
ネット社会が主流になっていき、人と人から生まれる出会いや喜びが減ってきている今だからこそ必要な”人対人”を”彩”という看板を構え、着物の良さや着物から始まる人対人の歴史を継承していく為に。

”昔ながらの良さ”に”現代の美しさ”も取り入れて、‘‘時代にあった和服への提案​’’
をコンセプトに2019年に設立致しました、美容・着物ブランド”彩”と申します。

今回、彩の事業拡大と着物文化を願い時始めたのがこちらのクラウドファンディングになります。

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

ヘアメイク、着付師、新成人を迎えた時、全ての経験と以前、浅草の呉服屋さんで勤めた経験から今回のプロジェクトを始めようと決めました。


勤めていた呉服屋さんはお客様は老若男女問わずたくさんのお客様が行き交う場所でした。

そこで聞く、着物の歴史、お客様の好きな事、最近の出来事、ご近所さんの他愛ないお喋りはお金に変えられない貴重な価値がありました。

これこそが"人と人が作れる歴史"という物なんだなと。感じていました。


歴史の産物から作られる新たな歴史。

その様な空間は20代の私が使う言葉でいうと『なんかいいよねー』の一言なんですが、その"なんか"が大切なんだという事。
これは自分の中で大きな発見でもあり、この感覚を大切にしていきたいなと思い
、また、どんなにSNSが盛んになっても究極の所、日本人が好む者というのは古くから変わっておらず、その空間を残すという事が着物文化と共に止めずに残しておくべき事の一つだと思い立ち、このプロジェクトをやろうと決意しました。

歴史を産み出すプロジェクト

このプロジェクトが成功し、彩の空間が産まれた時からまた新しい歴史が産まれます。
そこから生まれる新しい着物文化や新しい人間関係。様々な事を企み、このプロジェクトを開始致しました。
詳しくは、クラウドファンディングページをご覧下さい。

プロジェクトの流れ

2020年 9月 クラウドファンディング開始
    11月 クラウドファンディング終了
    12月  物件契約〜店舗準備

2021年 2月 オープン予定
     

経歴

2014年 19~21歳まで美容師として活動
 都内の美容室でアシスタントとして働いておりました。

2016年 着付師・ヘアメイクとして独立
 映像、スチールを基本にヘアメイクとして活動。
 一般の方に向けての着付けを基本として、成人式や卒業式の着付けをしておりました。

2017年 呉服屋で働き始める
 毎日着物を着て、着物の歴史と文化をに息をする様に学んでおりました。

2019年 彩 開業
 多くの人と出会い、着物文化を繋げて行きたいという気持ちを元に開業。

会社概要

 屋号 :彩
代表者 : 田口 彩華
所在地: 東京都世田谷区
設立 : 令和元年3月
事業内容: 美容業
URL :https://taaaaguche2525.wixsite.com/irodori
Twitter : https://twitter.com/ayaka_taguchi