紀の川市≪初≫ 市内企業×近畿大学×紀の川市 8/2(月)生物理工学部の1年生が紀の川市内企業を見学 ~ハローワークによるミニ職業講話も同時開催~

紀の川市(市長:中村 愼司)は、包括連携協定(注1)に基づく取り組みの一環として、近畿大学生物理工学部(学部長:梶山 慎一郎)人間環境デザイン工学科の1年生79名を対象に、講義(注2)の一環である市内企業見学を支援(注3)します。
見学受け入れ企業として協力いただくデュプロ精工株式会社(代表取締役社長:橋口 英樹)は、紀の川市内に立地する事務機器開発・製造メーカーで、人間環境デザイン工学科教員からの「これから設計や製造を学ぶ学生に対し、一貫して対応できる企業現場の見学機会を創出することで、学生生活における学習意欲の向上に繋げたい」という想いに応じ、学生見学の受け入れを決定いただいた次第です。
学習効果を高めるため、7月28日(水)に座学(注4)を行い、事前に同社の取り組みや事業内容を説明したうえで、8月2日(月)に企業見学を行います。企業見学当日は、同社に勤務する同学部の卒業生が学生の引率を務めるなど、社会人卒業生と学生の交流の場面も予定しています。

(注1)紀の川市と近畿大学は、『紀の川市と近畿大学との包括連携に関する協定書』を平成28年3月に締結しています。
(注2)近畿大学では、1年次教育として「基礎ゼミ」を必修科目として設定しており、この取り組みは「基礎ゼミ」の一環として実施されます。
(注3)大学の求める会社像に応じた企業としてデュプロ精工(株)を紹介したほか、企業見学当日に「わかやま新卒応援ハローワーク」によるミニ職業講話の開催を打診・調整、大学と企業間の貸切バス運行費を支援します。なお、貸切バスは市内事業者が運行予定で、コロナ禍に苦しむ企業支援の観点も含めています。
(注4)座学には、同社社長や取締役、同学部の卒業生が講師として登壇予定であり、生物理工学部の教室とインターネットによる併催となる見込み。

<8月2日(月)企業見学開催概要>
日  程:令和3年8月2日(月)12:30~15:30
場  所:【学生集合・解散】近畿大学生物理工学部内(2号館守衛室前)
      和歌山県紀の川市西三谷930
    :【受入企業所在】デュプロ精工株式会社
      和歌山県紀の川市上田井353
参加者 :近畿大学生物理工学部人間環境デザイン工学科(1年生79名、教員)
     デュプロ精工株式会社
     わかやま新卒応援ハローワーク
     紀の川市企画部地域創生課、農林商工部商工労働課
主な内容:
※ 大学と企業間の移動には貸切バスを利用しますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、学生を2グループに分けて移動します。
※ 以下は、参考として1グループのスケジュールを記載します。

1グループのスケジュール
1グループのスケジュール

【関連リンク】
生物理工学部 生物工学科 教授 梶山 慎一郎(カジヤマ シンイチロウ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/142-kajiyama-shinichirou.html

生物理工学部
https://www.kindai.ac.jp/bost/