米国総領事が語る「アメリカ留学」

近畿大学国際学部(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)6月29日(金)に駐大阪・神戸米国総領事館総領事のかれん・ケリー氏をお招きして、アメリカ留学を目前に控えた国際学部1年生に対し、アメリカへの留学をテーマにした講演会とパネルディスカッションを英語で開催します。

【本件のポイント】
●アメリカへの留学派遣学生数全国トップクラスの本学で駐大阪・神戸米国総領事館総領事が講演
●グローバル専攻の学生に対して、留学を最高の経験にするための方法をアドバイス
●パネルディスカッションでは、留学出発前の1年生が抱く不安や疑問を解決

【本件の概要】
近畿大学国際学部では、駐大阪・神戸米国総領事館総領事かれん・ケリー氏を講師に迎え、アメリカ留学を控えた国際学部1年生438人に対して「Going to America: Making the Most of Your Study Abroad Experience」と題した講演会を開催します。講演会終了後は、総領事に加え留学経験のある日本人の米国領事館職員、国際学部生1名を含む米国領事館でインターンシップをしている学生が、留学経験についてのパネルディスカッションを行い、アメリカ留学への不安や疑問を解決します。
本学では平成30年(2018年)5月16日にかれん・ケリー氏と学生20人が英語でディスカッションをする「総領事カフェ」を開催し好評を得ました。今回は1年次後期から2年次前期にかけて、全員が渡米予定であるグローバル専攻の学生を対象に実施し、講演会を通じて留学経験を最高なものにするためのアドバイスをしていただきます。

■日時:平成30年(2018年)6月29日(金)13:15~14:45
■場所:近畿大学 東大阪キャンパス 2号館1階 実学ホール
    (東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■対象:国際学部国際学科グローバル専攻1年生 438人

【かれん・ケリー氏プロフィール】
平成17年(2005年)にはハワイ州 H・M・スミス基地内にある米国太平洋軍司令部で広報・文化交流アドバイザーを、平成20年(2008年)から約1年、国務省日本副部長および日本部長代行を務める。平成29年(2017年)より駐大阪・神戸米国総領事に着任。平成25年(2013年)からは在ジンバブエ米国大使館で広報担当公使、平成28年(2016年)には首席公使代行を担当した。
その他、在カメルーン米国大使館、在フィリピン米国大使館、在日米国大使館で報道官も務め、日本では駐大阪・神戸および在沖縄米国総領事館でも広報・文化交流を担当した経歴を持つ。

【近畿大学国際学部について】
平成28年(2016年)4月に開設。全世界でビジネスパーソンへの高度な語学学習、人材教育を提供するベルリッツコーポレーションと連携し、国際社会で通用する語学力を養成します。グローバル専攻はアメリカ、東アジア専攻の学生は中国・台湾・韓国のいずれかへ、1年次後期から2年次前期にかけ、全員が留学プログラムに参加するのが特徴です。過去2年間、平成28年度462人、平成29年度488人の国際学部生がアメリカに留学し、無事に帰国しました。帰国後は留学生とともに専門科目を学んでいます。

【グローバル専攻1期生 TOEIC®スコア平均比較(小数点以下切上げ)】
■Listening&Reading
469(1年次7月(留学前))→700(2年次7月(留学後))
■Speaking&Writing
211(1年次7月(留学前))→259(2年次7月(留学後))
■Total
680(1年次7月(留学前))→960(2年次7月(留学後))

駐大阪・神戸米国総領事 かれん・ケリー氏
駐大阪・神戸米国総領事 かれん・ケリー氏