18代続く山代温泉の老舗旅館『あらや滔々庵』の魅力溢れる客室風景をAtmoph Window 2でリリース開始

世界とつながる窓、Atmoph Window 2を開発・販売するアトモフ株式会社(所在地:京都市中京区、代表取締役:姜 京日 以下、Atmoph)は、山代温泉の老舗旅館「あらや滔々庵」(所在地:石川県加賀市、代表取締役:永井 隆幸)の撮影協力のもと、室内風景シリーズ『Next Room(ネクスト・ルーム)』の第二弾を2021年11月30日(火)にリリース開始しました。

「家にいながら外の誰かと繋がる」「離れていても誰かと一緒の時間を共有している体験を提供する」をコンセプトに2021年9月よりスタートした、室内の風景映像シリーズ『Next Room(ネクスト・ルーム)』。第二弾は、石川県・加賀市の山代温泉にある老舗旅館「あらや滔々庵」における、本来宿泊者のみが満喫できる特別な空間風景を配信リリースします。

あらや滔々庵の風景の見どころ

<客室>
寛永時代に作られ、季節ごとに姿を変える山庭を眺めながら入浴が楽しめる客室付きの半露天風呂は、吉野檜が使われた湯船に溢れる源泉の音と共に風景を楽しめます。

<茶室>
魯山人の書画が飾られている茶室から見えるお庭の風景はパノラマ(Atmoph Window 2を3台連結)でもご覧いただけます。

<お風呂>
檜・ヒバをふんだんに使い、木の香りが満ちる露天風呂付大浴場「瑠璃光」の風景は、地下わずか数十メートルから1日約10万リットル湧出する源泉掛け流しの湯気が漂い、贅沢な温泉気分を味わっていただけます。

あらや滔々庵について

北陸の名湯・山代温泉の中心に佇む「あらや滔々庵」は、前田家の藩主が入湯の宿として創業者に湯番頭を命じて以来、十八代の歴史を数える老舗旅館です。
湯元ならではの豊富な湯量を誇る贅沢な源泉掛け流しの大浴場と、露天風呂、山庭に面した閑静な客室、伝統が育んだ“美器佳肴”の料理と心づくしのおもてなしが魅力です。
大正時代には稀代の芸術家・北大路魯山人も逗留し、当時の作品のほか館主の感性で集められた現代アートにも出会うことができます。
http://www.araya-totoan.com/

Atmoph Window 2とは

Atmoph Window 2は、Atmophが独⾃で4K/6K撮影した1,200種類以上の⾵景映像とリアルなサウンドで、お部屋に開放感と癒しの時間をもたらします。2019年にクラウドファンディングサイトIndiegogoとMakuakeで発表した際は、総額で1億円の支援を受けました。

世界各国で自宅でのテレワークが主流になっている中、旅行に行っている気分で仕事ができると日本や海外のお客様に大変好評を得ています。また、家族で過ごすおうち時間が増えている今、窓の風景を見ながら旅行の計画を立てたり、昔の思い出を語ったりと団らんのきっかけにもなっています。