「誰一人取り残さない」社会を実現するために、我々は何をなすべきか  ~学生ができるSDGsの取り組みは何か~

「第2回 麗澤大学SDGsフォーラム2020」12月23日 開催

麗澤大学(千葉県柏市/学長:徳永澄憲)は2019年10月に「麗澤大学SDGs推進プロジェクト」を立ち上げ、「知徳一体」や「道経一体」という本学の建学の理念の下、SDGsが目指す、豊かで活力のある「誰一人取り残さない」社会を実現するために、我々は何をなすべきかについて、国際社会やビジネスの視点から考える「麗澤大学SDGsフォーラム2019」を開催しました。今年度は学生プレゼンコンテストを取り入れ、進化した形での「麗澤大学SDGsフォーラム2020」を開催いたします。

本フォーラムでは、第1部でSDGs活動に精通する専門家及び実際にSDGsを経営の中に取り入れている経営者をお招きし、実際のSDGs活動やSDGsに積極的に取り組み、持続可能な社会づくりに貢献されている事例を、それぞれの経験に基づき講演していただきます。そして、第2部ではSDGs学生プレゼンコンテストとして、第1次審査を通過した麗澤大学の学生(ファイナリスト)がSDGsに関連した社会的課題の解決に関するアイディアを発表します。

現在、我が国をはじめ国連加盟193ヶ国が、17の目標(169のターゲット)に向かって、具体的なアクションプランを構築し、目標実現に向けて努力しています。これらは、先進国か途上国かの視点ではなく、地球規模での視点であり、国連や政府だけに旗振りを任せるのではなく、グローバル化が進展している現代社会では、日本を含む先進国や途上国の企業や消費者も貢献が求められています。

本フォーラムを通じて本学学生がSDGsの重要性を再認識し、今後の社会生活や大学での学びにつなげいくことを期待すると共に、本学は学生だからこそ出来るSDGsの取り組みをサポート・推進してまいります。
※「麗澤大学SDGs学生プレゼンコンテスト」の詳細は2枚目別紙をご確認ください。

【麗澤大学SDGsフォーラム2020概要】

◆日   時:2020年12月23日(水)13:00~18:00 
※事前申し込みは終了しています。
◆対   象:麗澤大学学生、後援会、後援団体
◆プログラム
:開会挨拶      13:00~13:05
:セッション1「SDGsと本学の取り組み」
 基調講演①    13:05~13:35
:セッション2「SDGsとビジネス・国際機関」
 基調講演②    13:35~14:25
 基調講演③    14:30~15:20
:セッション3「SDGs学生プレゼンコンテスト」
 学生発表     15:30~17:20
:結果発表・講評  17:35~17:55(上位団体に賞状・記念品等を授与)
:閉会挨拶     17:55~18:00
◆主   催:麗澤大学/SDGs推進プロジェクト 
◆後   援:独立行政法人国際協力機構(JICA)、千葉県ユニセフ協会、柏市教育委員会、
公益財団法人モラロジー研究所、一般社団法人日本道徳会、一般社団法人麗澤校友会
◆問 合 せ:麗澤大学SDGs推進プロジェクト DSyomuka@ad.reitaku-u.ac.jp 

SDGsフォーラム'2020ポスター
SDGsフォーラム'2020ポスター
昨年度実施の様子
昨年度実施の様子

【麗澤大学について】

麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約30の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。