暮らしに役立つ情報(専門家による解説)を更新しました

~遺言(後編)遺言を作成した方がよい人とは・民事信託(後編)民事信託の重要なポイント~

公益社団法人全国有料老人ホーム協会(理事長:中澤 俊勝、所在地:東京都中央区)では、有料老人ホームなどへの入居検討者やその家族から入居に関する一般的なご質問から契約に関する相談などを受けています。
今回、弁護士の月岡先生に高齢期の住み替えに必要な情報として、「遺言」「民事信託」の後編についてご寄稿いただきました。

当協会では安心して高齢期の住まいを選択いただくために、経験豊富な相談員が、ご相談(相談料は無料)を受けつけています。電話は03-3548-1077(月~金曜日10時~17時※祝日、年末年始除く)、面会やお問い合わせフォームからのご相談も対応しております。これらの取り組みについて、多くの皆さまに知っていただくために、本件を貴社媒体にてご周知賜りたく存じます。

◆暮らしに役立つ情報

・遺言:遺言を作成した方が良い人とは、遺言の限界、遺言によって遺産取得額が大きく異なるケースなど
・民事信託:二次相続対策、民事信託契約の重要なポイント

会社概要

■目的:有料老人ホームの入居者の保護と有料老人ホーム事業の発展に努める内閣府認定の公益社団法人
■設立:昭和57年2月/平成3年 改正老人福祉法に規定/平成25年 公益社団法人へ移行
■理事長:中澤俊勝
■所在地:東京都中央区日本橋3-5-14 アイ・アンド・イー日本橋ビル7階
■協会事業:入居者生活保証制度の運営
有料老人ホームの入居、苦情に関する相談事業
契約内容の適正化と入居者の保護
職員の資質向上のための研修事業
調査研究事業
啓発普及事業 等
■URL:https://user.yurokyo.or.jp/

お問い合わせ先

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-5-14アイ・アンド・イー日本橋ビル7階
公益社団法人全国有料老人ホーム協会
電話/03-3548-1077(月~金曜日10時~17時 祝日・年末年始を除く)