<日本初> 発達障がいを持つ子どもや大人向けの眼鏡『SUN』 2020年6月1日(月)より販売開始

~発達障がい児・者に対応した眼鏡レンズ・フレーム・視力測定~

「人は誰でもいつでも発達するという文化をつくる」というミッションのもと、独自技術の眼鏡販売や開発を展開する株式会社innochi(本社:兵庫県淡路市、代表取締役:灰谷 孝 他)は、この度、発達障がいを持つ子どもや大人向けの眼鏡「SUN」を2020年6月1日(月)より販売開始いたしました。

キッズ用(6歳前後)のフレーム
キッズ用(6歳前後)のフレーム

URL: https://innochi.co.jp/newssemi/0602press/

発達障がいを持つ方は年々増えており、発達の凸凹を抱えている人は、視機能(目で見たものを脳で処理する能力)に偏りや弱さがある場合があることがわかってきています。そのために、学習やコミュニケーションへの困難さを持っている場合、一般の視力測定だけでは解決しにくいという課題がありました。視力測定は発達障がいの脳や体、目の特性を学んだ測定者が行います。

姿勢や感情を整える「発達する眼鏡:イノチグラス」を展開する株式会社innochiは、代表取締役で開発者の灰谷 孝が発達障がいをもつ子ども達への支援を行ってきた経験から、遠視などの視力、斜視などの状態は学ぶことやコミュニケーションの状態と無関係ではないということを発見し、障害のあるなし大人子どもに関わらず、2年で約2,000本を提供してきました。その経験とユーザーの声をもとに開発し、人の持つ可能性の輝きを願って“太陽”のネーミングをつけました。眼鏡「SUN」は発達障がいを持つ方の身体特性、特に光や肌、平衡感覚への刺激への過敏さや偏りに対応・解決できるように大きく3つの特徴があります。

●発達障がい対応眼鏡「SUN」概要と価格
1. フレーム

金属、電磁波等の過敏さに対応し、肌に優しく扱いがラクな眼鏡フレーム

動きの大きなお子様にも壊れにくく修理可能な、3歳から大人まで6種類(各種類6~8色)のフレーム

2. レンズ

まぶしい、書字が苦手などの発達特性を解決する自社開発カラーレンズ

視力測定が難しいお子さんに対応した測定機器を使い、光過敏や文字の読みにくさを持つ方にも対応できる、自社独自開発のカラーレンズを使用

3. 視力測定

視力だけでなく姿勢も調う視力測定。視力検査が難しいお子さんでも可能な最新の検眼機械使用

発達障がいを持つ人の身体特性に関して教育を受けた専門の測定者が、外出や長距離移動が難しい方への訪問測定を行うことが可能

発達障がい児・者への眼鏡「SUN」は34,000円(税抜)から。出張の場合、交通費は応相談。

発達障がいを持っている方はあらゆる感覚への過敏さがあることが知られてきていますが、それに対応した眼鏡を提供する眼鏡店がなかったため、現在は口コミで申込があり、開発者 灰谷 孝の予約は常に3ヶ月以上待ちです。騒音や匂いなどに影響を受けやすく移動が難しい、長時間根気のいる視力測定を行えないなどの理由で測定が難しい方にも対応できるように社内で一定のトレーニングを受けた者(眼鏡目育士)が全国の方からのお問い合わせに対応致します。

発達障がい児・者への視覚へのアプローチはビジョントレーニングなどが有名ですが、眼鏡で対応できることがあるのはまだまだ知られていないことですので、必要とする方にこの情報が行き渡りますように、この度発表をさせていただきます。

会社概要

会社名 : 株式会社innochi
所在地 : 〒656-1541 兵庫県淡路市柳澤戊253番地1
代表者 : 代表取締役 灰谷 孝
      代表取締役 諸留 将人
      代表取締役 萩野 亜樹子
設立  : 2018年9月25日
事業内容: innochiグラス(発達する眼鏡)の研究開発・企画・販売
      ウェルネス関連事業
URL   : https://innochi.co.jp/

お問い合わせ先

株式会社innochi(イノチ)
〒656-1541 兵庫県淡路市柳澤戊253-1
HP : http://www.innochi.co.jp
Mail: innochi.info@gmail.com