立命館大学・アシックスジャパン・プログリット連携事業「Ritsumeikan-Global Athlete Program」スタート

■将来日本のスポーツ界を背負うグローバルアスリートを育成■

立命館大学(京都府京都市、学長:仲谷善雄)は、アシックスジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:小林淳二)と英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を展開している株式会社プログリット(本社:東京都、代表取締役社長:岡田祥吾)と連携し、学生アスリートの英語力向上と世界最高峰のスポーツ教育を提供する「Ritsumeikan-Global Athlete Program」を開始いたします。

Ritsumeikan-Global Athlete Program
Ritsumeikan-Global Athlete Program

本取り組みは、世界を舞台に活躍を目指す学生アスリートを選抜し、集中的な英語学習、海外への短期留学を行うプログラムです。学校法人立命館とアシックスジャパン株式会社との包括連携協定の取り組みの一環として、株式会社プログリットの協力を得て実現しました。

初年度となる今回は、立命館大学の強化クラブに所属する学生アスリートの中から3人を選抜。選抜された学生は、世界最高峰のスポーツ教育に触れるために用意したプログラムを受講します。プログラムは、米国フロリダ州にある国際的なエリートスポーツアカデミー「IMGアカデミー」やフロリダ州立大学などの訪問を予定しており、海外に挑戦するうえで言語が障壁とならないよう、学生は英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を受講します。

仲谷善雄・立命館大学長のコメント

本プロジェクトは、世界で活躍するための基盤となり自信につながる「英語力」の向上、世界最高峰のスポーツ教育を体験する機会を提供します。今回選ばれた3人の挑戦者には、「明確な意志」があります。未来を担うスポーツ人材として逞しく成長し、スポーツの可能性を大きく広げていける存在になることを期待しています。

小林淳二・アシックスジャパン株式会社代表取締役社長のコメント

学校法人立命館との連携協定における共通理念である「未来人財育成」の実現を目指した取り組みを、ともに実施できることをうれしく思います。今回のプログラムによって、無限の可能性をもった学生のみなさんがグローバルに視野を広げ、活躍されるとともに、将来はスポーツ界の発展に寄与するような存在となることを期待しています。これからのキャリアにおいてさまざまな選択肢を得られるよう、多角的にサポートしてまいります。

岡田祥吾・株式会社プログリット代表取締役社長のコメント

「世界で自由に活躍できる人を増やす」という弊社のミッションには、サービスを通じてあらゆる方々にスキルや自信を提供し、一人でも多くの方が世界で自由に活躍できるよう後押ししたい、という想いを込めています。今回選抜された3人の学生アスリートのみなさまは、間違いなく将来の日本のスポーツ界を盛り上げてくれる、とても熱い想いを持った学生たちです。今回の取り組みを通じて、そんな学生アスリートのみなさんの英語力向上をサポートし、今後世界で活躍していくグローバルアスリート育成のお手伝いができることを、大変嬉しく思っています。全力でサポートいたします。