「アートで町おこし」の売りは地域色だけなのか【作家インタビュー実施】

経済効果9,300万円。継続20年。その魅力は?

WebメディアSOCIO(ソシオ)は、NPO法人ネパール・ヨードを支える会理事長の熱田親憙さんにインタビューを行い、「地域とアート」をテーマにした記事を公開しました。
 

 
 

記事トピック

・地方だからこそつくれる新たな芸術とは
・芸術は市民にどう貢献していくのか
・継続的に結果が出るアートイベントとは
 

 

今回のコメンテーター紹介

熱田親憙(あつた・ちかよし)

NPO法人ネパール・ヨードを支える会理事長。『熊野古道みちくさ記:熊野を知り、こころの源流と向き合う(22世紀アート)』の著者。

▼ SOCIOについて

SOCIO(ソシオ)は「不安を解決して、社会をよくするメディア」です。
人々が抱える不安の裏には、社会の課題がある。悩んでいる人に寄り添い、不安に向き合って行動する人を応援するために、なにができるかを考えて発信しています。
 

▼運営会社 22世紀アート

「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。
そんな文化インフラを作るために、27名のスタッフにより運営されている。

代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-23-1 ACN日本橋リバーサイドビル5階
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter:https://twitter.com/mukaida_22art
instagram : https://www.instagram.com/mukaida_22art/?hl=ja