TAKUROMANが群馬県の大型eスポーツイベントにて デジタルアート・NFTの魅力を披露。10/29〜30開催「gespo☆パーティー2022」で ライブペイント実施

〜実践する中で見つけた「NFTのおもしろさ」を伝えたい〜

アート作品の制作・販売やオンラインアート講座を主宰するTAKUROMANは、2022年10⽉29⽇(⼟)・10⽉30⽇(⽇)の2日間、群馬県で開催される大型eスポーツイベント「gespo☆パーティー 2022」に参加し、「話題のNFTに触れてみよう!」というテーマでワークショップを実施します。

また、30日(日)10:00からはオープニングアクトのメインステージでデジタルライブペイントを披露します。ぜひ奮ってご来場ください。なお、TAKUROMANの同イベントへの参加は今回が初となります。

告知バナー
告知バナー

■ワークショップについて

最近何かと話題になるNFTですが、実際に経験している人はまだまだ少なく、NFTのウォレットを使用してNFTを購入した人は日本ではまだ1万人程度ではないか、ともいわれます。そのため、NFTの価値が十分に理解されているとは言い難く、NFTに対して、投機的な印象など、ネガティブな捉え方をされている場合もあるように思います。
当ワークショップでは、TAKUROMANがアーティスト活動を通じて発見したNFTの魅力を伝えるとともに、ウォレットの作り方やNFTの出品方法、デジタルアートの描き方を伝え、参加者の皆様がNFTについて理解を深め、NFTコレクター/クリエイターとして一歩を踏み出すことを支援します。さらに参加特典として、TAKUROMANの記念NFTを差し上げます。

<こんな方におすすめ>
・NFTに興味はあるけど、まだ始められていない方
・NFTをやっているけど、まだおもしろさを実感できない方
・デジタルアートに興味のある方、などなど
☆企業様の参加も歓迎です!

【ワークショップ概要】
名称:話題のNFTにふれてみよう!
会場:日本トーターグリーンドーム前橋(群馬県前橋市岩神町1-2-1)未来Lab.
実施日時:
10/29(土)①11:00~ ②13:00~ ③14:30~ ④16:00~ 
10/30(日)①11:00~ ②13:00~ ③14:30~ ④16:00~
所要時間:各回約60分
参加費:無料
参加人数:各回8名様まで
予約ページ: https://forms.gle/seyhbgXjvJAhgPM47
(予約なしでも当日空きがあれば参加は可能です。)

TAKUROMANワークショップ案内フライヤー
TAKUROMANワークショップ案内フライヤー

■ライブペイントについて

10/30(日)10:00〜、gespo☆パーティー 2022 オープニングアクトのステージでデジタルライブペイントをおこないます。eスポーツイベントならではの取り組みとして、ステージ上で音楽ゲーム(音ゲー)をイベント参加者がプレーする中、TAKUROMANが15分以内にひとつの作品を描き上げます。完成した作品はNFTとして販売予定です。

【ライブペイント概要】
会場:日本トーターグリーンドーム前橋 サブイベントエリア 特設ステージ
実施日時:10/30(日)10:00~10:30
参加費:無料
参考ページ:https://gunma-esu.com/gp/22/mirai_stage/

ライブペイントイメージ(TAKUROMAN)
ライブペイントイメージ(TAKUROMAN)

■gespo☆パーティー 2022へのTAKUROMANの参加背景

TAKUROMANは2022年7月、初のNFTコレクション「千年の戯れ」を発表しました。4枚のNFTを未来へつないでいき、1000年後の人々に行動を促すことを意図したコレクションです。どうすれば1000年後まで続いていくだろうかと悩むうちに、平安時代末期の頃、後白河院により編纂された「梁塵秘抄」で綴られているように、遊び(=ゲーム)こそ、きっと人生の最も大きな目的であり、原動力であると思い至りました。近年のeスポーツの盛り上がりはまさにそのような原動力の顕れと感じ、以前から興味を持っていたところ、主催者様とのご縁があり、gespo☆パーティーの「言葉や文化を越える」というコンセプトに強く共感し、イベントへの参加に至りました。

コレクション「千年の戯れ」
コレクション「千年の戯れ」

■gespo☆パーティー 2022 とは

年齢や性別、障がいの有無、言葉や文化を越えるeスポーツは、コロナ禍においてもエレクトロニクスの技術を使って離れた人々を繋ぎ、絆を広げてきました。群馬でのeスポーツ普及、発展、産業化と、コミュニティの場づくりを目指すgespo(群馬県eスポーツ連合)は、2021年11月に無観客・ライブ配信形式で実施したeスポーツの祭典「gespo☆パーティー」を、第2回目となる今回、大幅にアップデート。eスポーツを核にデジタルなどの新技術を通じて、新しい時代の暮らしと遊び、学び、ライフスタイルを体感できる総合イベントとしてリアル開催します。

【イベント概要】
名称:gespo☆パーティー 2022
テーマ:eスポーツと、e未来。
会 期:2022年10月29日(土)・30日(日) 10:00-17:00
開催場所:日本トーターグリーンドーム前橋 B1F サブイベントエリアほか
入場料:無料
主催:(一社)一般社団法人群馬県eスポーツ連合(gespo/ゲスポ)
イベントウェブサイト:https://gunma-esu.com/gp/22/

gespo☆パーティー2022 ウェブサイト
gespo☆パーティー2022 ウェブサイト

■TAKUROMANについて

子どもの頃からの夢を忘れられず、35歳の頃に一念発起して漫画学校に入学。その後、感銘を受けた書籍「人体クロッキー」の著者、高桑真恵氏から描画技術を直接学ぶ。
ドローイングにより偶然現れる形からインスピレーションを受け、主題を見出し作品に仕上げる。そのため、同じものを2度と描くことができない。自身の手法をセルフドローイング・フィードバックコンセプトメソッドと呼ぶ。

TAKUROMANとは
TAKUROMANとは

【経歴】
2021年7⽉ NFTマーケットプレイス「nanakusa」(現SBINFT Market)の第2期公認アーティストに選出される。
2021年9⽉ NFTアートプロジェクト「36FUJI」にて共同制作した作品が3.4568ETH(当時約130万円)で落札される。
2021年11⽉ ヘアサロン「Lounge」で初の単独作品展"アノヒトゴミハ、タカラモノダッタ"を開催。
2021年11⽉ 「ART LIVE 2021」出演。人気音楽アーティストとのコラボステージでライブペイントした作品が「SBINFT Market」のNFTオークションで全作品落札される。
2021年12⽉ 横浜⾚レンガのクリスマスアートコンペティションに出品。審査員特別賞を受賞。
2022年4月  オンライン教育プラットフォーム「CLASS101」にてオンラインアート講座を開講。受講生は累計100名を超える。
2022年6⽉ スペインの世界遺産「サン・パウ病院」にて、作品”心をレントゲンで見てみたら”を出品。
2022年7月 「Crypto Art Fes 2022(CAF 2022)」に100組の選抜アーティストとして出展。初のコレクション”千年の戯れ”を発表。
2022年8月 メタバース空間「ONCYBER」に作品ギャラリーをオープン

TAKUROMANのメタバースギャラリー(ONCYBER)
TAKUROMANのメタバースギャラリー(ONCYBER)

■最新情報について

ホー ムページやTwitterにてお知らせいたします。
TAKUROMANホームページ:https://takuroman.com
TAKUROMAN Twitter:https://twitter.com/TryingUnity


お問い合わせ先

下記のお問合せフォームよりご連絡ください。
https://www.takuroman.com/contact