夏の京都をさらに熱くする2日間! 美酒と美食のイベント「SAKE Spring(サケスプ))」開催決定 京都の美術館や有名レストラン、ホテルなど、街全体が会場に。

日本最大級のお酒イベントが2年ぶりの復活。 新しく進化したSAKE Spring(サケスプ)は、 アフターコロナの京都を盛り上げる、分散型フェスとして開催決定

コロナ禍で低迷した醸造業界・観光業界 50社以上が連携し、 京都市内各所で「食と酒」の魅力を発信する日本酒イベント「SAKE Spring」を開催。
コロナ禍で低迷した醸造業界・観光業界 50社以上が連携し、 京都市内各所で「食と酒」の魅力を発信する日本酒イベント「SAKE Spring」を開催。

観光ツアー・イベント企画事業を営む株式会社のぞみ(代表取締役:藤田 功博 本社:京都市下京区)は、2022年7月9日(土)・10日(日)の2日間、お酒と食のイベント「SAKE Spring 2022(サケスプ)」を2年ぶりに復活開催。コロナ禍で影響を受けた酒類業界・観光業界の50社以上が連携して、街全体を舞台に、美食と美酒を楽しめる分散型フェスとなる。平安神宮近くの【京都勧業館みやこめっせ】をメイン会場とし、「獺祭」で知られる旭酒造など、全国から約30社の醸造メーカーと10社以上の食関連企業が出展。

メイン会場の他、京都市京セラ美術館や妙心寺退蔵院を会場にしたVIPパーティー、人気飲食店での特別イベント、ホテルでの飲み放題付き宿泊プラン、通常非公開の酒蔵見学ツアーなど、多彩な催しを京都市内各所で同時開催。祇園祭にわく夏の京都で、グルメや日本酒を心ゆくまで楽しめる、新しいお祭りだ。

醸造・食品メーカーが消費者と交流できる場を目指す

約2年間続いたコロナ禍では、物産展や飲食イベント、各醸造場での蔵開きなど、消費者と生産者の交流を伴うイベントが相次いで中止となった。コロナ禍での酒離れが酒類業界の低迷に拍車をかける中、各企業では消費者の意見を取り入れた商品開発や、ファン作りが要となっている。「SAKE Spring(サケスプ)」のメイン会場である「京都市勧業館みやこめっせ」では、2日間で約3,000名の動員を見込んでおり、各企業のお酒が100銘柄以上自由に試飲できる他、日本酒・クラフトビール・焼酎など酒造会社約30社がブースを展開し消費者に対して直接販売を行う。消費者と出店する醸造・食品メーカーが直接対話し、”熱い想いを交わす”場づくりを目指す。

アフターコロナの京都に新たな観光需要の創造を目指す
アフターコロナの京都に新たな観光需要の創造を目指す

各蔵自慢の酒、約40種類が飲み放題!特製おつまみも愉しめる

メイン会場のチケットには、入場券の他、特製グラス・約40種類の飲み放題・特製おつまみブースで使える食券2枚(500円相当)・市内各所で開催される特別イベントの参加券が含まれる。各蔵が展開する個別ブースでは、純米大吟醸や新作などのハイランクのお酒も有料にて追加試飲ができる。食品ブースは、各企業がこだわりの食材で作るおつまみやスイーツの物販、京都の人気飲食店が作るおつまみ屋台を展開する。

京都市内各所の観光を盛り上げる特別イベントを開催

「SAKE Spring 2022」開催前日の、7月8日(金曜日)夜には前夜祭として、妙心寺退蔵院でVIPパーティーを実施。7月10日(日曜日)には京都市京セラ美術館を貸切にしたアート空間と美酒・美食が愉しめるイベントも開催。

京都市内の人気レストランでは【美食体験】として、ミシュランで星を獲得した京料理「草喰なかひがし」や、イタリアン「cenci」などが参加し、日本酒と各店自慢の料理の組み合わせを楽しめるイベントが開催。その他、非公開の酒蔵を見学できる特別ツアーや、ホテルを貸切にした銘酒の飲み放題が付いた独自の滞在プランが楽しめる企画など、多数の催しが京都市内各所で同時開催される。

(期間中に開催される催し)
・妙心寺退蔵院・京都市京セラ美術館を貸切にしたVIPパーティー

・人気飲食店7店舗での【美食体験】
cenci / estilo h / しるし / 雑魚や 春夏秋冬 / 草喰なかひがし / 寿しのむさし / 即今藤本

・非公開の酒蔵見学と試飲ツアー
松井酒造 / 増田徳兵衛商店 / 月桂冠 / 梅小路醗酵所

・銘酒飲み放題付き宿泊プラン「サケスプホテル」
KAGAN HOTEL / THE GENERAL KYOTO /

・チケット付き宿泊プラン
ハイアット リージェンシー 京都 / MIMARU SUITES 京都四条

人気飲食店7店舗での【美食体験】
人気飲食店7店舗での【美食体験】
非公開の酒蔵見学と試飲ツアー
非公開の酒蔵見学と試飲ツアー
銘酒飲み放題付き宿泊プラン「サケスプホテル」
銘酒飲み放題付き宿泊プラン「サケスプホテル」

開催概要(メイン会場: 京都市勧業館みやこめっせ)

▼日時
2022年7月9日(土)・7月10日(日)二部入替制:10:00-13:00 / 14:00-17:00
※両日各時間最大700名 2日間のべ約3,000名

▼メイン会場
京都市勧業館 みやこめっせ
〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1

▼チケット価格
3,800 円(税込)

・メインイベント入場券
・全国の地酒40種類以上が飲み放題
・500円相当のお食事券 2枚 
・オリジナルグラス
・特別イベントの参加申込権

▼公式サイト
https://www.sakesp.com/2022kyoto

メイン会場以外の日程や時間は公式サイトよりご確認ください。

▼出展予定企業

〈日本酒〉
・「王紋」王紋酒造株式会社(新潟)​​
・「臥龍梅」三和酒造株式会社(静岡)
・「花の舞」花の舞酒造株式会社(静岡)
・「三連星」美冨久酒造株式会社(滋賀)
・「多賀」多賀株式会社(滋賀)
・「神蔵」松井酒造株式会社(京都)
​・「月の桂」株式会社増田德兵衞商店(京都)
・「富翁」株式会社北川本家(京都)
・「玉乃光」玉乃光酒造株式会社(京都)
・「月桂冠」月桂冠株式会社(京都)
・「金鵄正宗」キンシ正宗株式会社(京都)
・「神聖」株式会社山本本家(京都)
・「城陽」城陽酒造株式会社(京都) 
・「酒呑童子」ハクレイ酒造株式会社(京都)
・「久美の浦」熊野酒造有限会社(京都)
・「白木久」白杉酒造株式会社(京都)
・「玉川」木下酒造有限会社(京都)
・「与謝娘」与謝娘酒造合名会社(京都)
・「龍力」株式会社本田商店(兵庫)
・「剣菱」剣菱酒造株式会社(兵庫)
・「紀伊国屋文左衛門」中野BC株式会社(和歌山)
・「千代むすび」千代むすび酒造株式会社(鳥取)
・「獺祭」旭酒造株式会社(山口)
・「金冠黒松」村重酒造株式会社(山口)
・「酔鯨」酔鯨酒造株式会社(高知)

〈クラフトビール〉
・ 「TANGO KINGDOM Beer」丹後王国ブルワリー(京都)
・ 「KIX BEER」泉佐野ブルーイング(大阪)

〈ジン・焼酎〉
・ 「槙-KOZUE-」中野BC株式会社(和歌山)
・ 「因伯人(Impact)」千代むすび酒造株式会社(鳥取)
・ 「KOMASA GIN」 小正醸造株式会社(鹿児島)



​〈食関連企業〉
・ ひとかん京都本店 プレミアム缶詰(京都)
・ 株式会社津乃吉 ちりめん山椒・京佃煮(京都)
・ 株式会社西利 漬物/その他(京都)
・ ソラアオ チーズケーキ(京都)
・ 竹屋町神座 へしこ(京都)
・ IZAKAYA RUTUBO 燻製おつまみ(京都)
・ 三木半旅館 和チーズ(京都)
・ うね乃株式会社 無添加おだし(京都)
・ 株式会社えだまめ SAKE ICE(東京)
・ 沖よし(京都)
・ 雑魚や(京都)
・ 大徳寺さいき家(京都)

【SAKE Spring プロジェクトについて】

京都市内で観光ツアーやイベント企画を手掛ける株式会社のぞみが発起人となり、お酒の新たな魅力を体感して頂くお酒イベントとして、コロナ前の2018年は国内外10都市以上、年間3万人以上を動員したイベントです。ホームページでは京都を中心に各地の酒蔵や美食、また、その作り手をインタビューした取材記事も公開中。

SAKE Spring 公式サイト:https://www.sakesp.com/
Instagram:https://www.instagram.com/sake_spring/

<取材や詳細等のお問い合わせ>

株式会社のぞみ SAKE Spring 2022 京都 実行委員会
担当:佐竹・中路
メールアドレス:3@nzm.jp
電話:075-351-9915(受付時間:平日10時-17時)