ちびまる子ちゃん×清水エスパルス 清水エスパルス創設30周年を記念したコラボレーションが決定

7月2日(土)はまる子たちと一緒に応援しよう!

日本アニメーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川和子)がアニメーション制作・ライセンス管理を行う「ちびまる子ちゃん」と清水エスパルスによるコラボレーションの実施を決定いたしました。同コラボレーションは、清水エスパルスのクラブ創設30周年を記念するものです。

「ちびまる子ちゃん」の舞台 静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)は、清水エスパルスのホームタウンでもあります。清水を共通項とした今回のコラボレーションにあたり、「ちびまる子ちゃん」と清水エスパルスのコラボレーションアートを作成しました。清水エスパルスのクラブマスコット「パルちゃん」が「まる子」にパスを出し、「まる子」がシュートを決める瞬間をアメコミ風にデザインしたスペシャルアートです。

2022年7月2日(土)に開催されるクラブ創設30周年記念マッチ(明治安田生命J1リーグ 第19節 vs. 横浜F・マリノス @国立競技場)ではイベントやグッズ販売等を予定しております。詳細は後日お知らせいたしますので、続報をお楽しみに!

イベント内容(予定)

・「まる子」、「たまちゃん」、「花輪クン」が国立競技場に登場
・スペシャルアート披露
・スペシャルアートフォトスポット設置
・マスコット写真撮影会
・スペシャルアートグッズ発売 

 ※イベント詳細は、6月中旬以降にあらためてお知らせします。

参考資料

『ちびまる子ちゃん』について

『ちびまる子ちゃん』は、静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子(さくら ももこ)と、家族や友だちとの日常を、楽しく面白く、時に切なく描いた心温まる作品です。
1986年に『りぼん』(集英社)で連載を開始し、2021年に原作35周年を迎えました。原作コミックスは全17巻が発売中。発行部数は累計3,250万部を突破(デジタル版を含む)、海外版はアジア各国でも出版されました。1990年からはテレビアニメ放送もスタートし、フジテレビ系列で毎週日曜日夕方6時より放送中。中華圏をはじめとする海外でも放送され、世界中の老若男女を魅了し、長きに亘り愛され続けています。

Webサイト:https://www.chibimaru.tv/
Twitter:https://twitter.com/tweet_maruko

清水エスパルスについて

チーム名の「S-PULSE」は、「サッカー・清水・静岡」の頭文字Sと、サッカーを愛する県民、市民の胸の高鳴りとスピリットを表現するため、英語で「心臓の鼓動」を意味するPULSEを組み合わせて名付けられました。
Jリーグ創設時、全国屈指のサッカー処であり、母体を持たず地元市民がクラブを支えている姿が、新しく立ち上がったJリーグの理念と合致したことから参加10クラブ“オリジナル10”として、清水エスパルスが誕生した。そして今年、クラブ創設30周年を迎える。