大阪市の真下にある「上町断層」 いつ大地震が起こってもおかしくありません。

「上町断層帯地震」の緊急地震速報シミュレーション動画を見て、地震への対策を始めましょう。


上町断層とは?

上町(うえまち)断層帯は、大阪府豊中市から大阪市を経て岸和田市に至る断層帯です。全体として長さは約42kmで、ほぼ南北方向に延びており、断層帯の東側が西側に乗り上げる逆断層です。この断層帯は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中では高いグループに属することになります。

https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_katsudanso/f080_uemachi/
国の地震本部より一部抜粋


上町断層帯地震とは?

この断層帯で地震が発生すると、大阪市、北摂地域、東部大阪地域、堺市、泉北地域、兵庫県阪神地域で、震度7の揺れを観測する可能性があります。
また、寝屋川流域で万が一ため池などが氾濫すると、付近の流域に大規模な洪水をもたらす恐れがあります。
さらに、上町台地の東側(特に、生野区、城東区、東成区、阿倍野区)の「木造住宅密集地」では、大規模な建物倒壊が生じる恐れもあります。


「上町断層帯地震」緊急地震速報シミュレーション動画

この動画を見て、「いざ地震が起こったときに何ができるか」を考えてみてください。早めの対策が皆さんの命を守ることにつながります。


是非チャンネル登録よろしくお願いします。