【沖縄限定ルルルン】今年の夏は沖縄へ!沖縄の日差しはゴーヤで癒やして!

数々の女優さんの出身地である沖縄。沖縄美人たちの美の秘訣は、実はゴーヤにあるのかもしれません。沖縄のプレミアムルルルン アセロラの香りに配合されているゴーヤエキスには、活性酸素を抑制する抗酸化作用があるんです。

抗酸化作用とは

化粧品や美容グッズでよく目にする活性酸素。これを抑制する力を抗酸化作用といいます。

活性酸素と聞くと、とんでもない悪玉酸素というイメージを思い浮かべますが、本来、活性酸素とは、外からの細菌や刺激を分解したり、生きていくためのエネルギーを作ったりする過程で使われるもの。呼吸で酸素を取り入れる時でも発生するため、生きている限り、発生を防ぐことができないものであるとも言えます。

活性酸素が悪玉酸素というイメージを持つ所以は、細胞を傷つけるというやっかいな性質を合わせ持っていることにあります。活性酸素は本来、体内の酵素によって速やかに無毒化されていきますが、紫外線やストレス、加齢、食生活、喫煙などでその生成が過剰になったとき、無毒化が間に合わずに私たちの細胞をサビつかせて細胞や遺伝子を傷つけ、老化を引き起こす原因となります。

こうして過剰に生成された活性酸素は、体内のコレステロールなどの脂質を酸化させて、過酸化脂質を作ります。この過酸化脂質はコラーゲンを破壊する作用があるため、シミやシワ、くすみ、シミ、色素沈着、毛穴の開きといったエイジング肌の原因にもなってしまうのです。

活性酸素にゴーヤ?

ゴーヤに含まれるビタミンCは、活性酸素を発生させる原因のひとつ、紫外線からお肌を防ぐ効果があります。さらにゴーヤの苦味成分であるモモルデシンには、活性酸素の生成を抑制する働き、つまり抗酸化作用もあるんです。

そのほかにもゴーヤは、ミネラル、たんぱく質、カロチンなどの栄養がたっぷり。食用として、風邪の予防や疲労回復、肌荒れ予防、血糖値を下げる、最近ではダイエットまで、様々な効果があるとして重宝されてきました。

ゴーヤとは

ゴーヤとは、沖縄の方言でニガウリのこと。学名では蔓荔枝(つるれいし、Momordicacharantia Linn)と呼ばれます。熱帯アジアを原産としたウリ科の植物で、日本では南九州から南西諸島で多く栽培されています。特に沖縄県では、古くから夏バテ予防のために食べられてきました。郷土料理としてのゴーヤチャンプルーは、全国で知られていますよね。沖縄が日本一の長寿県になった秘訣は、このゴーヤによるものだとも言われているほどです。

ゴーヤが入った沖縄限定ルルルン

沖縄のプレミアムルルルン アセロラの香りに使用されているゴーヤは、久米島産に特定し、現地にて抽出を行っています。久米島産のゴーヤに含まれるビタミンCは、特に安定性が高いのが特徴です。

産地にまでこだわって作った沖縄限のプレミアムルルルン アセロラの香り。沖縄で遊んだ日の夜は、ゴーヤの力で紫外線ケアをお忘れなく!