ドレッシングで漬け込んだ鶏むね肉 98%がおいしさを実感

ドレッシングで漬け込む調理法に関するアンケート調査を実施

キユーピー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:長南 収、以下キユーピー)は、鶏むね肉をドレッシング※1で漬け込む調理法に関して、アンケート調査を行いました。鶏むね肉をドレッシングで漬け込んでから焼くことで「大変おいしい」「おいしい」と答えた人が、合計98%でした。
※1 「キユーピー 深煎りごまドレッシング」と「キユーピー すりおろしオニオンドレッシング」

キャベツと鶏むね肉のドレッシング炒め
キャベツと鶏むね肉のドレッシング炒め
すりおろしオニオンドレッシングで!から揚げ
すりおろしオニオンドレッシングで!から揚げ

ドレッシングの機能を生かしたこれまでの調理研究によって、ドレッシングに漬け込むことで鶏むね肉がやわらかく、おいしくなることが分かっています※2。キユーピー公式サイト(特設サイト「ドレテク」)※3では、この調理法を使ったレシピを多数、公開しています。今回、この調理法に関して、キユーピー公式サイト内でアンケート調査を実施しました。
※2 キユーピーアヲハタニュース 2020 No.46 https://www.kewpie.com/newsrelease/2020/1783/
キユーピーアヲハタニュース 2020 No.74 https://www.kewpie.com/newsrelease/2020/1890/
※3 特設サイト「ドレテク」 https://www.kewpie.co.jp/dressing/dretech/

<サマリー>

・ドレッシングで漬け込んだ鶏むね肉の味について、98%の人が「大変おいしい」「おいしい」と回答した。
・鶏むね肉をドレッシングで漬け込んでよかった理由は、「鶏むね肉がやわらかくなった」「味がよくなった」「調理が簡単だった」という回答が多かった。
・今後も鶏むね肉をドレッシングで漬け込んだ調理を実施したい、と回答した人の理由は、「簡単でおいしい」「レパートリーが増える」「子どもが喜ぶ」という答えが目立った。

キユーピーは、今後もドレッシングの新しい可能性を探るとともに、社会のニーズに合致する役立つ情報を届けていきます。

アンケートの調査概要

鶏むね肉を「深煎りごまドレッシング」「すりおろしオニオンドレッシング」で漬け込んだ調理法について

■調査方法の概要
調査手法:インターネット調査(キユーピー公式サイト)
調査期間:2020年11月~2021年4月
調査対象:20~70代の男女、全国(日本在住)380人

出来上がった料理の味について、実際に調理した人(380人中119人)に尋ねたところ、「大変おいしい」「おいしい」と回答した人が合計98%でした(グラフ1)。

グラフ1:鶏むね肉をドレッシングで漬け込んだ際の味について(n=119)
グラフ1:鶏むね肉をドレッシングで漬け込んだ際の味について(n=119)

この調理法の魅力について、85%の人が「鶏むね肉がやわらかくなった」、61%の人が「味がよくなった」、53%の人が「調理が簡単だった」と回答しました(複数回答可、グラフ2)。

グラフ2:鶏むね肉をドレッシングで漬け込む調理法の魅力について(n=119)
グラフ2:鶏むね肉をドレッシングで漬け込む調理法の魅力について(n=119)

研究結果でも確認された“鶏むね肉を「深煎りごまドレッシング」「すりおろしオニオンドレッシング」で漬け込むことで、やわらかく、おいしくなる”ことを実感していることが示唆されました。フリーコメントでは、今後も「子どもが喜ぶから」「レパートリーが増えるから」実施したい、という回答が目立ちました。