全世界が涙した不朽の名作、感動の傑作舞台が2023年春・・・帰ってくる!ミュージカル『アルジャーノンに花束を』浦井健治主演で2023年GWに上演決定!!

2023年ゴールデンウィークに、ミュージカル『アルジャーノンに花束を』の上演が決定した。

原作は、作家ダニエル・キイスが1959 年に発表した同名小説。日本でも発行部数300万部を超える名作であり、小説を元に、アメリカ・カナダ・フランスで映画化され、日本でも2002年、2015年にテレビドラマ化されている。ミュージカルとしては、2006年2月、日本初演を果たし、その演技に対し菊田一夫演劇賞を主演の浦井健治が受賞、さらに浦井は2014年の上演の際にも「読売演劇大賞男優賞」を受賞。2017年、2020年の上演時にも大きな話題となるなど、人々の心に深く刻まれた傑作ミュージカルである。浦井は今回9年ぶり3回目の主演となることにもぜひ注目していただきたい。

浦井健治 コメント
「僕にとっては復活作となるのですが、初演からのたくさんの”愛”を込めて、さらにこれまで携わってきて下さったキャストの皆さん、スタッフの皆さんの想いを自分の中でしっかりと咀嚼して、今の浦井健治としての”チャーリイ・ゴードン”を演じたいと思います。」

公演詳細は後日発表予定。2023年GW、日本青年館ホールで新たな”チャーリイ・ゴードン”に出会える。


【STORY】
32歳になっても幼児なみの知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話しが舞い込んだ。大学の偉い先生が頭を良くしてくれるというのだ。この申し出に飛びついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受ける事に。やがて、手術により、チャーリイは天才に変貌したが・・


【公演概要】
タイトル:ミュージカル『アルジャーノンに花束を』
原作:ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」(ハヤカワ文庫)

出演:浦井健治 ほか

日程・場所:2023年GW・日本青年館ホール

詳細:後日発表