ダンロップテニスボール容器にリサイクルPETを採用し 約50トンのプラスチック使用量削減予定

 ダンロップの住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、地球環境に配慮したサステナブルな取り組みの一環として、ダンロップテニスボールに使用しているPET容器にリサイクルPET素材を使用した容器を採用します。この取り組みにより、今までのPET容器から約30%のバージンプラスチック削減が可能となり、国内のみで年間約50トンのプラスチック使用量の削減を見込まれます※1。
当社は中期計画のバリュードライバーの一つとして「ESG経営の推進」を掲げており、サステナビリティ長期方針として「はずむ未来チャレンジ2050」を策定し、その一環としてさまざまな取り組みを行っています。スポーツ事業においては、2030年までにパッケージなど包装材に使用されるプラスチック使用量を半減※2させることを目指しています。昨年、取り組みの一環として、全豪オープンに使用するプラスチック製ふたを廃止。今年は市販用にも拡大させました。将来的には包装材だけでなく、テニスボールそのものについても、CO2削減に寄与するサステナブルな原材料へ切り替えるべく、 研究・開発を進めています。
※1 削減量は概算です。
※2 2019年比

ダンロップのSDGsに関する取り組みは以下URLをご確認ください

1.ダンロップテニスボールの取り組み

2.ダンロップのスポーツ事業全体の取り組み