BIMIがAppleの受信トレイにリリースされました

2022年9月リリースのiOS16、iPadOS16、macOS VenturaがBIMIに準拠しました

Brand Keeper(ブランドキーパー)の名称で企業や公共団体へのセキュリティソリューション・デジタル証明書を提供する 株式会社サイバービジョンホスティング(本社: 神奈川県横浜市、代表取締役:古木 一行)は、メールの信頼性レベルを飛躍的に向上させることができるBIMI(Brand Indicators for Message Identification)基準で使用する「VMC(Verified Mark Certificates/検証済みマーク証明書)」の提供及び、DMARC/BIMI導入及び運用のコンサルティング業務を行っています。

2022年9月にApple は、メッセージ識別用のブランド指標 (BIMI) を実装している電子メール テクノロジー企業のリストに加わりました。
BIMI は、Apple Mail のような電子メールの受信トレイで、認証された電子メールの横にブランド ロゴを安全に表示できるようにするための幅広い業界の取り組みです。
また、BIMIでは、認証されたロゴをVMC(認証済みマーク証明書)を使って表示させることができます。

2020年にGoogleはGmailにおいてBIMIに準拠しており、VMCによって信頼性が保証された企業からのメールには、ブランドロゴが表示されるようになっています。
今回のAppleのBIMI準拠により、AndroidとiPhone/iPadのスマートフォンやタブレットがカバーされることになり、BIMI/VMCの導入によるセキュリティ面/マーケティング面の効果は倍増されるといえるでしょう。

エモテット等フィッシング被害が拡大する中、多くのエンドユーザーへのメール配信を行う企業や、金融機関・クレジットカード会社においては、今後必須の重要な施策となります。
是非この機会に、BIMI/VMCの導入をご検討ください。

BIMI は、安全で統一されたフレームワークを提供し、電子メールの受信トレイがグローバルに、認証されたメッセージの送信者が指定したロゴを表示できるようにします。また、送信者が犯罪者による不正ななりすましを防ぐための保護も含まれています。たとえば、銀行はBIMIを使用して、ドメインから送信された認証済みメッセージの横にロゴを表示できます。これにより、銀行は複数の電子メールクライアントに表示される画像を制御し、ブランドの露出となりすましに対する保護を提供できます。
BIMI Rolling Out to All Apple Inboxes
BIMI Rolling Out to All Apple Inboxes

ロゴマークを表示するために必要な対応は?

BIMIを利用するには、SPFとDKIMおよびDMARCの設定と、VMC証明書の取得が必要となります。
この他、BIMI基準に則ったロゴ画像の準備やロゴの商標登録が必要です。

BrandKeeperでは全ての対応へのサポートをご用意しており、ニーズに合わせてサポートメニューを選択いただくことが可能です。

・認証マーク証明書(VMC)とは何か、なぜ必要なのか
https://brandkeeper.jp/knowledge/vmc-marketing-guide/

・メールマーケティングでロゴを表示して、安全な送信者IDを表示しましょう
https://brandkeeper.jp/knowledge/digicert-vmc-datasheet/

・企業がDMARCをセットアップする方法
https://brandkeeper.jp/knowledge/dmarc-guide-jp/

・認証マーク証明書(VMC)は何枚必要ですか?
https://brandkeeper.jp/knowledge/how-many-vmcs-will-i-need/

WEBサイトにロゴマークを効果的に表示可能なスマートシールも提供可能

認証された自社のブランドロゴマークをメール・WEBサイトに表示することによって、企業ブランドの可視性を高め、顧客の信頼性が向上します。
これにより、メール開封率やサイトコンバージョン率の向上が期待できます。
また、自社になりすます悪意を持った第三者から大切な顧客・ユーザーを保護し、自社のブランド保護・強化する対策となります。

当社CVHはいくつかの著名な企業と共に、DigiCertとGmailのBIMI/VMCパイロットに参加した日本企業です。
導入に伴うメールサーバ、WEBサーバでの対応についても、私たちBrandKeeper(ブランドキーパー)の専門スタッフがフルサポートいたしますので、安心してお任せください。

───────────────────────────────────
■サービスサイト: https://brandkeeper.jp/

■会社概要
社名   : 株式会社サイバービジョンホスティング
所在地  : 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-12 共立新横浜ビル5階
設立   : 2009年07月
代表   : 代表取締役 古木 一行
事業者番号: 一般第二種電気通信事業者 総務省届出番号 A-21-10690

■本件に関するお問合せ先:
リスクマネジメントソリューション(RMS)事業部 
BrandKeeper(ブランドキーパー)担当
TEL :045-548-4656/E-MAIL:info@brandkeeper.jp
───────────────────────────────────