【星のや京都】特別祈祷の大祓えで心身を浄め、新しい一年の無病息災を願う「年越の大祓え」開催 ~御神酒を入れた客室風呂や厄除け開運朝食を提供~|期間:2022年12月15日~29日

各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2022年12月15日~29日の期間、心身を浄め、新しい一年の無病息災を願う「年越の大祓え」を開催します。星のや京都で心身を浄めたのち、洛西(らくさい)*1エリアの総氏神でもある松尾大社で特別祈祷の大祓えを受けるアクティビティです。街の喧騒から離れた場所に位置する星のや京都の滞在で心身を浄め、松尾大社で一年の穢(けが)れを祓い去ることによって、新しい一年の無病息災を願います。
*1 京都府京都市の西部をさす通称。鹿苑寺近辺,御室,花園,太秦,嵯峨,嵐山,高雄などをさす

背景

星のや京都が位置する嵐山は平安貴族の別荘地として栄えた風光明媚(ふうこうめいび)な場所で、冬は特にしんとした静かな時間を過ごすことができます。日常の喧騒から離れた場所で一年を振り返り、滞在を通して心身を浄めます。翌日には松尾大社で特別祈祷の大祓えを受けることで、新しい一年の無病息災を願い、明日への力強い精進の糧を得てほしいと考えております。

特徴1 大祓え前日に星のや京都で身を浄める

松尾大社での大祓え前日には、星のや京都で身を浄めて準備をします。客室に用意しているのは人形(ひとがた)と、松尾大社で祈りを捧げた御神酒(おみき)です。氏名と年齢を記入した人形で、身体を撫で息を吹きかけることにより、身に降りかかった穢(けが)れや災厄を人形に託します。穢れを託された人形は、松尾大社で祓詞(はらえことば)の奉上とともに祓い浄められたのち、浄火によって焚き上げられます。御神酒は客室風呂にいれて入浴することで、邪気を払い身を浄めることができるものです。星のや京都は、嵐山と小倉山に囲まれ、街の喧騒から離れた場所に位置します。渓谷を流れる大堰川のせせらぎや風の音が聞こえる静かな宿で一年を振り返り、滞在を通して心身を浄めます。

特徴2 厄除け開運朝食で身体を内側から浄める

大祓え当日の朝には厄除け開運朝食を食べて、身体を内側から浄めます。赤い色に厄除けの意味があるとされる小豆の五穀粥や、語尾に「ん(運)」がつくことで縁起が良いとされる野菜の炊合せ「七福寄せ」*2を食べて、運気を向上させます。七福寄せの器を包む帯に書かれた「一陽来復(いちようらいふく)」とは、悪いことがしばらく続いた後に良いことが起こるという意味です。食前食後には神職が普段用いている感謝詞(かんしゃのことば)*3を読み上げ、厄除け開運朝食を食べることで、身体を内側から浄めます。
*2 南瓜、蓮根、人参、いんげん、銀杏、甘藍(かんらん)(キャベツ)、寒天
*3 食事の前後に読み上げる神様への感謝の祈りをさす

特徴3 特別祈祷の大祓えで、明日への力強い精進の糧を得る

星のや京都で小忌衣(おみごろも)*4を身にまとい、松尾大社に向かいます。国の重要文化財に指定された本殿で正式参拝を行ったのち、特別祈祷の大祓えを行います。大祓えで唱えられる祝詞(のりと)は「大祓詞(おおはらえのことば)」と言われ、穢れを祓い浄めることによって、清らかな気持ちで、活力あふれる生活をするための詞です。心身浄化の儀式を行い、一年の穢れを祓い浄めることによって、明日への力強い精進の糧を得ます。
*4 物忌みのしるしとする清浄な上着

滞在スケジュール例

<1日目>
15:00 チェックイン
16:30 一年を振り返り、人形に穢れを移す
18:30 夕食(別途料金)
22:00 御神酒を入れた日本酒風呂で身体を浄める

<2日目>
08:00 食前食後に感謝詞を述べて厄除け開運朝食
12:00 小忌衣を着用し、星のや京都を出発
12:30 松尾大社の本殿にて正式参拝
13:00 本殿にて特別祈祷の大祓えを受ける
13:30 特別祈祷の大祓え終了

「年越の大祓え」概要

期間    :2022年12月15日~29日(除外日あり)
料金    :1人22,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
含まれるもの:松尾大社での特別祈祷の大祓え、厄除け開運朝食、御神酒、人形
予約    :公式サイト(https://hoshinoya.com/kyoto/)にて、14日前まで受付
場所    :星のや京都、松尾大社(星のや京都から車で片道約10分)
対象    :宿泊者
定員    :1日1組(1~3名)
備考    :都合により、開催日や開催内容が変更になることがあります。

■星のや

「夢中になるという休息」をコンセプトに、施設ごとの独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。国内外に展開する各施設は、その土地の風土、歴史、文化などの本質を識る喜びを滞在に織り込み、訪れた人を日々の時間の流れから解き放ちます。
https://hoshinoya.com

星のや京都

平安貴族が興じた嵐山にたたずむ水辺の私邸で時を忘れる。渡月橋から船に乗り、大堰川を遡った先では、京都に息づく日本の伝統技法を感じる客室、嵐山の情景を映した滋味豊かな日本料理、四季の美しい景観と静けさの非日常が提供されます。
〒616-0007 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2/客室数 25室
https://hoshinoya.com/kyoto/

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ