環境省・金融庁 後援 2050年ゼロエミッションの実現に向けて

Japan Times ESG経営シンポジウム(日・英) オンラインで開催

Japan Times ESG推進コンソーシアム(代表:末松 弥奈子 株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長兼社長)は、2021年5月13日に「2050年ゼロエミッションの実現に向けて」をテーマに「ESG経営シンポジウム」を実施いたします。
新型コロナウィルスの感染拡大から、ご登壇いただく皆様、ご参加いただく皆様により安全で安心してご参加いただけますよう、会場でのイベント開催は見送り、オンライン配信に変更いたします。

今回の「ESG経営シンポジウム」はESGへの関心が急速に高まる中、ESGに関わる企業のキーパーソンをお迎えし、それぞれの取り組みや今後の展望、企業として目指すものなどについて、お話いただきます。小泉 進次郎環境大臣、小池 百合子東京都知事からもビデオメッセージをいただく予定です。

2017年にスタートした「Japan Times ESG推進コンソーシアム」も今年で4年目となります。2020年からは、同年から活動を始めた「Sustainable Japan By The Japan Times」プロジェクトの一つとして、国内外の企業、団体のESGへの取り組みを発信しています。
「Sustainable Japan By The Japan Times」ではジャパンタイムズを通じて日本と世界をつなぐきっかけを、多面的に創っていく活動を行っています。

《概要》

日時:2021年5月13日 13:30-17:30
参加方法:ライブ配信
主催:Japan Times ESG推進コンソーシアム

申込み:https://peatix.com/event/1871789

《プログラム》

▶開会・主催者挨拶
・末松 弥奈子(コンソーシアム代表/ジャパンタイムズ 代表取締役会長兼社長)
▶来賓挨拶
・環境大臣 小泉 進次郎氏(予定 ビデオメッセージ)
・東京都知事 小池 百合子氏(予定 ビデオメッセージ)
▶コーポレートセッション(英語)60分 
「ESG推進とステークホルダーとのコミュニケーション戦略」
モデレーター
・コモンズ投信株式会社 取締役会長 兼 ESG最高責任者 渋澤 健氏
パネリスト
・株式会社LIXIL 取締役 執行役専務 Chief People Officer Jin Montesano氏
・不二製油グループ本社株式会社 CEO補佐 河口 眞理子氏
・日本ロレアル株式会社 代表取締役社長 Jérôme Bruhat氏(オンライン参加)
▶投資家セッション(日本語)60分
「ESG推進の力〜投資家の視点から」
モデレーター
・PRI事務局ジャパンヘッド兼CDPジャパンディレクター 森澤 充世氏
パネリスト
・ニッセイアセットマネジメント 代表取締役社長 大関 洋氏
・上智大学 特任教授・理事 引間 雅史 氏
・カタリスト投資顧問株式会社 取締役副社長COO 小野塚 惠美氏
▶来賓挨拶
・コロンビア大学 客員教授 本田 桂子氏(ビデオメッセージ)
▶コーポレートセッション(日本語)60分
「業界のリーディングカンパニーのESGへの取り組み」
モデレーター
・株式会社経営共創基盤(IGPI) 共同経営者 マネージングディレクター 木村 尚敬氏
パネリスト
・サントリーホールディングス株式会社 執行役員 コーポレートサステナビリティ推進本部長 福本 ともみ氏
・株式会社メルカリ 取締役President(会長)兼 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役CEO 小泉 文明氏
・トヨタ自動車株式会社 Deputy Chief Sustainability Officer 大塚 友美氏
▶総括
・公益財団法人国際金融情報センター 理事長 玉木 林太郎氏
▶最後の挨拶
・公益財団法人国際金融情報センター 顧問 Japan Times ESG推進コンソーシアム アドバイザー 加藤 隆俊氏

※予告なくプログラムが一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■Japan Times ESG推進コンソーシアムについて
ESG(Environmental=環境・Social=社会・Governance=ガバナンス)を重視する海外投資家・運用機関に向け、日本企業の英文ESG情報の発信支援を目的に設立されたコンソーシアム。ジャパンタイムズの英文取材・編集力を活かし、保有する新聞・Web、SNS等のメディアプラットフォームを通じて、日本のESG経営を世界に向け発信する。

【公式URL】https://japan-esg.net/

■The Japan Times(ジャパンタイムズ)について
The Japan Timesは、1897年(明治30年)に創刊された、日本で最も歴史のある英字新聞です。1996年にホームページを開設。現在はソーシャルメディアも活用し、日本のいま、そして未来を、世界に向けて発信しています。読者は、国内在住の外国人に加えて、世界各国の政府高官やシンクタンクはもちろん、各国のメディアにも日本に関する信頼できる情報ソースとして活用されています。過去のアーカイブは、海外の大学や公立の図書館などで、日本やアジアの歴史研究に活用されています。

<問い合わせ>
株式会社ジャパンタイムズキューブ
Sustainable Japan by The Japan Times
担当:熊野   
E-mail:pr@japantimes.co.jp
Tel:080-1053-9722