商業エリアの開業日を6月20日(木)に決定【相鉄アーバンクリエイツ・相鉄ビルマネジメント】

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業施設建築物「THE YOKOHAMA FRONT」の1~4階

相鉄グループの㈱相鉄アーバンクリエイツ(本社・横浜市西区、社長・左藤 誠)と㈱相鉄ビルマネジメント(同)は、「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」(以下、本事業)の施設建築物「THEザ YOKOHAMAヨコハマ FRONTフロント」において、商業エリア(1~4階。ただし3階を除く)の開業日を2024年6月20日(木)に決定しました。

本事業は、日本初認定「国家戦略住宅整備事業」として、国家戦略特別区域内において、産業の国際競争力の強化および国際的な経済活動の拠点の形成を図るために、必要な住宅の整備を促進するもので、その施設建築物である「THE YOKOHAMA FRONT」は高さ約178mの高層ビルです。5階と13~41階に459戸を展開するレジデンス「THE YOKOHAMA FRONT TOWER」は、相鉄不動産㈱(本社・横浜市西区、社長・鈴木 正宗)と東急㈱(本社・東京都渋谷区、社長・堀江 正博)が販売し、購入者の皆さまの入居を開始しています。また、最上階42階には㈱相鉄アーバンクリエイツと東急㈱が複合施設「Vlagフラグ yokohamaヨコハマ」を、4階と6~12階には㈱相鉄ホテルマネジメント(本社・横浜市西区、社長・加藤 尊正)が宿泊特化型ホテル「相鉄ホテルズ ザ・スプラジール 横浜」を6月20日に開業する予定です。

にぎわいの創出を図ることを目的とした商業エリアは、「THE YOKOHAMA FRONT」の1~4階に設定。㈱相鉄ビルマネジメントが運営します。このうち3階では、国家戦略住宅整備事業と連携した生活支援施設として、多言語対応クリニックモールと、子育て支援施設が先行開業しています。今般、残る1・2・4階の開業日を6月20日に決定し、飲食店をはじめとした10店舗がオープン。7月以降に順次、5店舗が加わって合計15店舗となる予定です。

「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリア 2階 (イメージのため実際と異なる場合があります)
「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリア 2階 (イメージのため実際と異なる場合があります)


「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリアの概要

1.商業エリアの設定箇所

「THE YOKOHAMA FRONT」の1~4階

2.商業エリアの開業日

2024年6月20日(木)

3階の小規模保育園は4月1日に、クリニックモールは5月1日に先行オープンしています。
1・2・4階は合計15店舗となる予定ですが、6月20日は飲食店8店舗、買取販売店1店舗、ヘアサロン1店舗がオープンし、残る飲食店5店舗は、7月以降に順次オープンする予定です。

3.商業エリア各階の詳細

(1)1階
地域に向けて開く路面店をイメージしました。

「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリア 1階 (イメージのため実際と異なる場合があります)
「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリア 1階 (イメージのため実際と異なる場合があります)


(2)2階
横浜駅からデッキでつながる主要流入導線として、来街の皆さまおよびビルをご利用になる皆さまの日常使いをイメージしました。


(3)3階
横浜市認可の小規模保育園を設置する他、女性医師が配置された多種多様なクリニックに、調剤薬局や英語・中国語・韓国語を含む多言語対応のコンシェルジュも備えたクリニックモールを設置しました。子育て世代の皆さまへの支援と、患者の皆さま一人一人に最適な医療の提供を総合的に行います。
なお、クリニックモールでは、混雑緩和を目的とした予約システムを導入しています。1枚の診察券で複数の診療科を利用できるため、診察券を複数お持ちになる必要がありません。


(4)4階
ホテルエントランスをイメージしました。

「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリア 4階 (イメージのため実際と異なる場合があります)
「THE YOKOHAMA FRONT」商業エリア 4階 (イメージのため実際と異なる場合があります)




AIが記事を作成しています