奈良県平群町×八木酒造×近畿大学農学部 日本酒「平群」発売

近畿大学農学部では「アグリビジネス実習」の授業として、平群町の遊休農地を活用した圃場で、農産物の作付計画から栽培、管理、収穫、販売までの一連の流れを学習しています。

この度、平群町が八木酒造と協力して、奈良県の奨励品種である食用米「ヒノヒカリ」を100%使用した日本酒「平群」を発売するにあたり、農学部の教員と学生がラベルデザインの考案で協力しました。

詳細につきましては、添付のニュースリリースをご覧ください。