12/2(月)~「近大みかん ふんわりパウンドケーキ」販売します

近畿大学(大阪府東大阪市)では平成25年(2013年)12月2日(月)から、東大阪キャンパスの地下食堂KURE(キュア)にて、近畿大学附属農場湯浅農場※1で育てた「近大みかん」をふんだんに使用した「近大みかんふんわりパウンドケーキ」の発売を開始します。このパウンドケーキは約2か月にわたり主に学生向けに販売されるものですが、自校の特産物を使った商品を、学食という学生にとっての日常スペースにおいて長期間提供するのは近畿大学としては初めての試みとなります。

近畿大学ではこれまでにも、水産研究所 で養殖した近大マグロ※2やカンパチをオープンキャンパスの時に来場者の方に試食して頂いたり、「"オール近大"川俣町復興支援プロジェクト」※3の一環として福島県川俣町と共同で育てたロッソナポリタン(甘いプチトマト)を使用した生パスタをホームカミングデーで販売したりと、大学の特産物を一般の方々に体感してもらう機会を設けてきましたが、その一方で、近畿大学の学生自身にそれらを楽しんでもらう機会は非常に限定的ともいえました。今回販売するパウンドケーキは、附属農場湯浅農場で栽培した甘くておいしい「近大みかん」を使用した商品で、約2か月という長い期間において、近畿大学の学生にも自校の研究成果について体感してもらうことのできる機会となります。

また、今回販売されるパウンドケーキでは、近大みかんの果肉から皮までまるごと使用します。廃棄物が減り地球環境にも優しいだけでなく、みかんの皮には果肉と比較してより多くのビタミンCが含まれると言われ、気温が下がり体調を崩しやすい冬の時期には、風邪の予防効果なども期待されます。



「近大みかん ふんわりパウンドケーキ」 販売について

■販 売 日:平成25年(2013年)12月2日(火)から約2か月
       ※「近大みかん」100kg分がなくなった時点で販売終了

■販売内容:180円(2切れ、ホイップクリーム付)

■販売店舗:近畿大学 東大阪キャンパス 地下食堂 KURE(キュア)

近畿大学附属農場湯浅農場
和歌山県湯浅町に位置する本農場では、カンキツ類の栽培や、機能性成分の有効利用に関する研究、また熱帯果樹類の実用化栽培の研究・開発が進められています。湯浅農場で育成されたみかんは「近大みかん」という名前で知られ、甘み豊かであると評価を得ています。

今回のパウンドケーキでも使用する「近大みかん」は宮川早生という品種で、魚系の有機肥料を使用して栽培し、1本1本の木の間隔を広く取り、背丈も切り詰め低木に抑え日当たりを良くし、機械化が進んだ広大な土地で太陽の光をたっぷり浴びた風味豊かなみかんです。