移民を積極的に受け入れるべきか?今後、日本で移民的背景を持つ人たちの人口規模は欧米の水準と同程度に多様化すると言われている。そもそもみんなは多文化共生主義を実装した社会を創り出すことに賛成?反対?

Surfvoteで集まった投票とコメントの結果はSurfvote編集部で集計し、総務省・外務省・法務省・外国人集住都市会議などに提出します。

SNSとテクノロジーで社会課題の発見・解決をサポートするPolimill株式会社(ポリミル、本社:東京都港区、代表取締役:横田えり、以下Polimill社)はこのたび、イシュー「【この国のかたち】移民を積極的に受け入れるべきか?」について、11月26日にSurfvoteへ掲載、一般ユーザーの意見投票が始まりましたのでお知らせします。

イシュー発行の背景

諸外国でも長く移民問題に向き合うことを避けてきたこと、つまり移民政策不在に起因してさまざまな社会問題が発生しています。長らく日本では移民の受け入れについてさまざまな議論が行われてきました。移民の増加は、国の労働力不足を補い経済成長を促進させるメリットがある一方で、人口が増加することにより社会サービスへの負担増加や文化的摩擦を引き起こす可能性などを懸念する声もあります。
今回Surfvote編集部で作成した本イシューでは、上記以外のさまざまな観点から「移民」について考え、みんなの意見を集めます。

あなたの意見・投票を社会のために活用します

Polimill社は社会デザインプラットフォーム『Surfvote』を開発・運営しているICTスタートアップ企業です。
社会におけるさまざまな課題や困りごとをSurfvoteにイシューとして掲載し、イシューは週におよそ3〜5件発行されています。どなたでもすべてのイシューを読むことができますが、アカウント登録をすると各イシューに投票したりコメントを書いたりできるようになります。Surfvoteで集めたみんなの意見や結果は、適宜提言書などに取り纏め、関係省庁や政治家、関連団体に提出しています。https://surfvote.com/

Polimill株式会社

Polimill株式会社は社会デザインプラットフォーム【Surfvote】を運営・提供するICTスタートアップ企業です。地方公共団体版のSurfvoteも拡充中で、自治体と連携し住民による住みやすい街づくりを促進します。あらゆる人がルール作りに参加し、価値観の変化やテクノロジーの進化に合わせた柔軟でスピーディーな制度改革ができるような社会を、SNSとテクノロジーで実現させます。https://polimill.jp