近畿大学経営学部とリゾートトラスト株式会社が連携 "旅の目的となるホテル"をテーマにビジネスプランコンテストを開催

令和5年(2023年)9月に行われたリゾートトラスト「エクシブ琵琶湖」での事前研修の様子
令和5年(2023年)9月に行われたリゾートトラスト「エクシブ琵琶湖」での事前研修の様子

近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)商学科教授 高橋一夫ゼミ、経営学科教授 筒井万理子ゼミ、商学科准教授 四宮由紀子ゼミは、国内外41カ所で会員制リゾートホテル等を経営するリゾートトラスト株式会社(愛知県名古屋市中区、以下 リゾートトラスト)と、令和5(2023)年12月13日(水)、東大阪キャンパスにおいて、同社のマーケティング課題に関するビジネスプランコンテストを開催します。

【本件のポイント】
●観光産業における産学連携として、ホテルのマーケティング課題に対するビジコンを実施
●観光論や経営組織論を学ぶ学生らの企画案を、ホテル総支配人らが審査
●今後、他大学を巻き込んだゼミ対抗の取り組みに拡大することも検討

【本件の内容】
近畿大学経営学部では、自治体や企業と連携し、域学連携、産学連携の取り組みを行っています。令和5年(2023年)5月、リゾートトラストから高橋ゼミに、観光産業における産学連携の方法について相談があり、近畿大学経営学部において、リゾートトラストのマーケティング課題に関するビジネスプランコンテストを開催することになりました。リゾートトラストのビジネスモデルであり、"旅の目的となるホテル"を意味する「ディスティネーションホテル」の魅力を広めるために何をすべきか、観光論や経営組織論を学ぶ学生が企画提案を行います。
コンテストに参加する学生らは、リゾートトラストのホスピタリティを体験するため、今年9月に事前研修としてリゾートトラストの会員制リゾートホテル「エクシブ琵琶湖」を見学しました。そこで、"旅の目的となるホテル"になるためには、ホスピタリティの向上だけでなく、所在地の地域と連携することで、顧客が地域と交流できる環境を構築することが重要であることを学びました。
コンテストでは、学生が事前研修で学んだことを生かして若者ならではの企画を提案し、エクシブ琵琶湖の総支配人らがそれを審査します。
さらに、今回のビジネスプランコンテストが学生とリゾートトラスト双方にとって有益であるかを検証し、今後、他大学を巻き込んだゼミ対抗の取り組みに拡大することも検討しています。

【開催概要】
日時 :令和5年(2023年)12月13日(水)15:00~18:00
場所 :近畿大学東大阪キャンパス E館 1階104教室
    (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
参加者:近畿大学経営学部商学科高橋ゼミ・四宮ゼミ、
    経営学科筒井ゼミの学生15人

【審査員(リゾートトラスト株式会社)】
エクシブ琵琶湖 総支配人 伊藤慎也
エクシブ琵琶湖 業務支配人 益井大輔
エクシブ琵琶湖 ブランドアンバサダー 石橋悠貴
執行役員 経営企画部長 太田泰紀
ブランドコミュニケーション部長 川出哲也
人事部 大阪人事労務室 人事労務課長 水島薫
顧問 木俣佳丈

【リゾートトラスト株式会社】
所在地 :(本社)愛知県名古屋市中区東桜2-18-31
代表者 :代表取締役ファウンダー、
     グループCEO(グループ最高経営責任者)伊藤與朗(よしろう)
     代表取締役会長、CEO(最高経営責任者)伊藤勝康
     代表取締役社長、COO(最高執行責任者)伏見有貴
創業  :昭和48年(1973年)4月
事業内容:会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業、
     メディカル事業、シニアライフ事業、その他の事業
資本金 :195億9,000万円
従業員数:7,943名(連結)
     ※ 資本金、従業員数は令和5年(2023年)3月時点
URL  :https://www.resorttrust.co.jp/

【関連リンク】
経営学部 商学科 教授 高橋一夫(タカハシカズオ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/77-takahashi-kazuo.html
経営学部 経営学科 教授 筒井万理子(ツツイマリコ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/119-tsutsui-mariko.html
経営学部 商学科 准教授 四宮由紀子(シノミヤユキコ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/114-shinomiya-yukiko.html

経営学部
https://www.kindai.ac.jp/business/