後悔のない就活をする方法とは?

大卒者の就職後の3年以内の退職率は32.8%にも上る。後悔のない就職をする為にも就活の時点でなにを考える必要があるのか。

■3割の学生が持つ悩みとは?

ある調査により、現役大学生1000人に聞いた「今抱いている一番の悩みについて」のアンケートによると、◇就職活動・将来の働き方について・・・20% ◇人生や将来の生き方について・・・15% という結果になった。

人生についてを考える機会はなく、いきなり就職先を選べと言われても選び方も分からないので、悩んで当然だ。
学校のせいでそういった悩みを抱えるという訳ではないが、義務教育の間に「人生」についてを考える機会を増やすことで、将来について悩む子供も少しは減るのではないだろうか。

就職先を考える時、自分自身が "本当にしたいこと" を達成するための手段として、就職という道を選択することが出来れば、後々後悔する人は減るのではないか。

"本当にしたいこと" を達成する為に必要なものはサラリーマンでは叶えることが出来ず、別に方法があるのであればそちらを選択するのも一つの手である。

誰しも一度は将来についてや、自分がしたいことなどを考えたことはあるのではないか。
そして "本当にしたいこと" が見つからず大人になり、自分が "本当にしたいこと" に気付いたときに「もっと若い時に気付ければ・・・」と後悔する人もいるのではないか。

あなたが今、心から「本当にしたい」と思えることはなんだろうか。

■考えなければならないこと

就活を目前にしたとき、あなたはなにを基準に就職先を考えるのか。
多くの人は、したいことが分からず今自分が出来ることの中から就職先を考える人が多いのではないか。
出来ることの中から就職先を決め、思っていたものと違った、と後悔を口にし辞める人が後を絶たない。

就活で後悔をしたくない人は「あなたが一生を終える時、あなたはどのような事を達成し一生を終えたいか?」を考える、これこそが本当の意味での「自己分析」ではないだろうか。そして、それを達成する為に必要な手段を考える必要がある。

その答えが働くことによって得られる場合、その答えを得られる職業に就職すれば後悔をすることはない。

ただ、考えているとその答えが本当に合っているのかが分からない。
そもそも答えの導き出し方が分からない。など「あなたが一生を終える時、あなたはどのような事を達成し一生を終えたいか?」の答えを導き出せる人はほとんどいない。
ほとんどの大人はそういった事を考えず、ただ生活の為に仕事をしている人が大半であり、答えが出た時、年齢が50歳、60歳になっていることが多い。

その難問を生まれて20年前後の子供が導き出せるのは容易ではない。

■どのようにその答えを導き出すのか?

だったら、考える事は無駄なのか?と思う人もいるかもしれない。

そんなことはない。一人で難しいと感じるのであれば "自己分析" をするプロである、認定心理士や、臨床心理士など心理系の資格を取得している人(心理カウンセラー)に聞くことが一番の近道だと感じる。

心理系の資格を取得している人と話す心理カウンセリングは、精神科や心療内科でしか受けられないというイメージを抱かれがちだが、最近はオンラインカウンセリングなど様々なカウンセリングの形も普及し始めている。
しかし、心理カウンセリングは¥5,000∼¥20,000と価格は依然として高額であり、予約待ちが1~2ヶ月のところがほとんどである。

そういった、価格が高額且つ、心理カウンセリングを受けようと思っても予約が取れない。
この2点を改善したサービスが【Bloste/ブロステ】である。

■お客様とカウンセラー様をつなぐマッチングアプリ【Bloste/ブロステ】

 2021年2月にサービスがスタートしたばかりの新しいカウンセリングサービス。【安価で即日予約が可能】であることが一番のこだわり。
_________________________________________________
◆Blosteの特徴

∼ 即日取れるカウンセリング予約 ∼
・最短「1時間後∼」カウンセリングの予約が可能

∼ 安価でカウンセリングが受けられる ∼
・カウンセリング価格は¥1,500∼¥4,999迄(カウンセラーにより異なる)

∼ 2つのカウンセリング形態 ∼
・非対面カウンセリングの場合は通話で、対面カウンセリングの場合は、街のカフェや私有のカウンセリングルームにて行われる

∼ 経験豊富なカウンセラーの中から自分に合った相手を選べる ∼
・マッチングシステムを活用し、自分に合ったカウンセラーを自分の目で見て選ぶことができる
______________________________________________