星川駅~天王町駅間 高架下の新施設「星天qlay(ホシテンクレイ)」第1期12月14日(水)オープン【相鉄アーバンクリエイツ・相鉄ビルマネジメント】

11月30日(水)から「YADORESIヤドレジ」入居者を募集

相鉄グループの㈱相鉄アーバンクリエイツ(本社・横浜市西区、社長・森村 幹夫)と㈱相鉄ビルマネジメント(同)は、2022年12月14日(水)、相鉄本線 星川駅~天王町駅間の高架下空間に新施設「星天qlay(ホシテンクレイ 以下、同施設)」のBゾーン(星川駅部)をオープンします。

Bゾーンには、インストアベーカリーやライブ感のある調理惣菜にこだわったスーパーマーケット「そうてつローゼン」が出店する他、「世の中に必要とされる飲食店」をコンセプトにレストランを展開する㈱オペレーションファクトリー(本社・大阪市西区、社長・笠島 明裕)が手掛ける、オイスター・シーフード・ピザを中心としたイタリアンレストラン「UNION SEAFOOD CAFE」、暮らしの基本を支える商品の提供を目指し、500円以下の日用品や雑貨を中心に集めた「無印良品 500」など、星川駅をご利用される方や地域の皆さまの生活をサポートする12店舗が出店します。また、星川駅の改札から横浜方面へ向かう「東口」出口も、同施設の第1期オープンに合わせて供用開始します。

Bゾーンの店舗(一部対象外店舗あり)では、相鉄ビルマネジメントが運営する「相鉄ジョイナス」など11商業施設で利用できる「ジョイナスポイントカード(会員数:2022年9月末現在、約44万人)」がご利用いただけます。

Dゾーン(天王町駅西側エリア)には、「世界を変える、暮らしを創る」をビジョンに掲げるYADOKARI㈱(本社・横浜市中区、代表取締役CEO・さわだいっせい、代表取締役COO・ウエスギセイタ)が企画・運営し、「生きかたを、遊ぶ住まいYADORESI(ヤドレジ)」が誕生します。11月30日(水)から入居する22人を募集します。

「YADORESI(ヤドレジ)」は、同施設の中心的役割となるもので、同施設のコンセプトである“「変化を楽しむ人」がつながる 生きかたを、遊ぶまち”ということに興味や関心があり、それらを実践してみたいという思いを持った方の住居であり、活動拠点となります。22人の住人がそれぞれの「生きかたを、遊ぶ」を見つけ、住人の中から選出された「コミュニティビルダー」は、「YADORESI(ヤドレジ)」の住人や出店するテナント、地域の皆さまとともに、まちの新たな魅力を発信していきます。

なお、その他のエリアの詳細や今後の事業進捗、開業イベントなどは、11月30日(水)に開設するオウンドメディア【TO BE CONTINUED in the town.「この続きは、街で…、」】(https://hoshiten-qlay.com)などにて順次お知らせします。 
相鉄グループでは、2023年3月に予定している相鉄・東急直通線の開業により、利便性を高めるとともに、沿線地域の魅力を創出するまちづくりを通じて、今後も沿線利用価値の向上を進めていきます。

「そうてつローゼン」店舗イメージ
「そうてつローゼン」店舗イメージ
「UNION SEAFOOD CAFE」店舗イメージ
「UNION SEAFOOD CAFE」店舗イメージ
「無印良品 500」店舗イメージ
「無印良品 500」店舗イメージ



「星天qlay(ホシテンクレイ)」のBゾーン(星川駅部)の概要

1.オープン

2022年12月14日(水)10:00

2.出店テナント


「生きかたを、選ぶ住まいYADORESI(ヤドレジ)」の概要

1.特徴

・「食」「働」「癒」×「暮らし」が融合した、新たな自分と生き方の選択肢を探求・挑戦できる住まいです。
・小商いやギャラリーとして、自己表現や地域との接点となる「はなれマド」を設置します。
・コミュニケーションやつながりをサポートする「コミュニティビルダー」が居住します。
・コミュニティビルダーとは、「YADORESI」の一室に住まいながら、コミュニティー支援、レジデンスの新たな魅力の発信を行う方で、今回2人募集します。
・コミュニティビルダーに選ばれた方は、活動対価として「家賃免除」等の特典があります。リビングコストを抑えて本業を持ちながら、個性あふれる住人たちと時間を共にし、「生きかたを、遊ぶ」拠点づくりに携わることができます。

2.入居者およびコミュニティビルダー募集開始

2022年11月30日(水)

3.募集人数

22人(コミュニティビルダー2人含む)

4.入居日

2023年春(予定)

5.間取り・面積

全22戸とも1R(シャワーブース・トイレ付き)・21戸は12.94㎡、1戸は 15.15㎡

6.その他

・入居希望者、コミュニティビルダー希望者ともに応募フォームをご提出いただきます。その後、簡単な面談を予定しています。
・「YADORESI」への入居やコミュニティビルダーにご興味のある方は、次のフォームから必要情報をご登録ください。最新情報をお届けします。
【応募フォーム】https://forms.gle/YeX1k5s5V6vUD7QX8
・「YADORESI」へのご質問、取材などにつきましては、YADOKARI㈱までお問い合わせください。

「星天qlay(ホシテンクレイ)」オウンドメディアの概要

1.名称

TO BE CONTINUED in the town.「この続きは、街で…、」

2.URL

https://hoshiten-qlay.com

3.開設日

2022年11月30日(水)

4.内容

同施設の店舗紹介に加え、「生きかたを、遊ぶ」というテーマをもとにしたインタビューや特集記事、同施設各ゾーンのスポットを紹介する周辺マップなどで構成されます。
同施設現地とオウンドメディアを行き来することで、「生きかたを、遊ぶ」をより楽しむことができる、さまざまな仕掛けが散りばめられる予定です。
また、Cゾーン(星川駅東側エリア)やEゾーン(天王町駅部)の詳細や今後の事業進捗、開業イベントなども順次お知らせします。

【参考】「星天qlay(ホシテンクレイ)」の概要

開発計画の概要

計画では、相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業において鉄道高架化により創出された、全長約1.4㎞のエリアをA~Eゾーンの5つのゾーンに分けて開発します。この開発エリアは、2020年12月に横浜市保土ケ谷区が策定した「星川駅周辺地区総合的なまちづくりガイドライン」に基づき、「駅周辺と高架下」を中心として、今まで分断されていた地区の南北を一体化したまちづくりを推進するとともに、星川駅周辺地区全体の利便性を向上し、にぎわいと交流を創出するまちづくりを推進するエリアとしています。
敷地面積:約25,000㎡
所在地:神奈川県横浜市保土ケ谷区星川 ほか
用途:店舗・事務所、寄宿舎、駐車場、駐輪場など
交通:相鉄本線 星川駅~天王町駅
企画:YADOKARI㈱

「星天qlay(ホシテンクレイ)」位置図
「星天qlay(ホシテンクレイ)」位置図


【参考】ジョイナスポイントカードの概要

・「ジョイナスポイントカード」の会員数は、約440,000人(2022年9月末現在)。通常のカードの他、モバイル会員証があり、現在ご使用の「ジョイナスポイントカード」の会員番号を登録することで、カード情報を連携させることができます。
・「ジョイナスポイントカード」対象施設でお買い物の際にカード、モバイル会員証画面をご提示いただくとポイントを貯めることができ、100円(税別)につき1ポイント加算。貯まったポイントは、500ポイントごとに500円相当としてお買物・お食事にご利用できます。

相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業に関するお知らせ

当該事業で新設しました星川駅の改札から横浜方面へ向かう「東口」出口を星天qlay 第1期開業に合わせて、供用開始いたします。これにより、横浜方面から星川駅改札へのアクセスが便利になります。

星川駅「東口」位置図
星川駅「東口」位置図