「笠間クラインガルテン」が9月23日にリニューアルオープン

笠間からはじまる新しい「自産自消」のカタチの提案

笠間市(市長:山口 伸樹)と、指定管理者である株式会社マイファーム(京都府京都市、代表取締役:西辻 一真)は、2022年9月23日に、茨城県笠間市にある滞在型市民農園「笠間クラインガルテン」のリニューアルオープンを行うことをお知らせいたします。
日本におけるクラインガルテンの象徴として有名な「笠間クラインガルテン」に、マイファームが持つ「体験農園」「農業大学校」「生産流通販売」といった事業の知見を注ぎ込み、新しいクラインガルテンが考える、笠間型ライフスタイル実践の場を創出していきます。

名称 :笠間クラインガルテン
住所 :〒309-1633 茨城県笠間市本戸4258
WEB :http://www.kasama-kg.jp/

2022年9月23日(金)リニューアルオープン
2022年9月23日(金)リニューアルオープン

笠間クラインガルテンの「これまで」と「これから」

笠間市は東京から約100km、茨城県の県央西部に位置しており、周辺を山々に囲まれ、年間を通して気候は穏やかで、古くから城下町、門前町として栄えてきました。また、笠間焼で知られる陶芸のメッカでもあります。市内には笠間城跡、笠間稲荷神社など歴史を有する由緒ある神社のほか、陶芸ギャラリーや美術館が点在し、年間約300万人の観光客が訪れています。

一方、主産業である農業は就農者の減少、高齢化が進み、農地は年々荒廃しているのが現状です。
こうした背景のもと、笠間市の多様な資源を生かして都市住民に特色あるサービスを提供するとともに地域の活性化を図るべく、2001年4月、関東地区初の本格的な滞在型市民農園「笠間クラインガルテン」がオープンし、”農芸と陶芸のハーモニー”をテーマとする新たなライフスタイルを提案してまいりました。

マイファームでは、2022年4月1日より当該施設の指定管理者となり、これまでの「体験農園」「農業大学校」「生産流通販売」などの知見を生かして、春先よりリニューアルの準備に取り組んできました。マイファームが理念に掲げる「自産自消できる社会」に対して、利用者・笠間市・地域住民の皆様がこれまで築きあげてきた歴史、伝統を大切に引き継ぎつつ、事業知見を活かし融合することで、暮らしを楽しみ、豊かな循環をつくる「KASAMA NEW VILLAGE」をつくっていきます。新
生笠間クラインガルテンで人・食・未来とつながるライフスタイルを体験してください。

リニューアルにおける新サービス

この度のリニューアルオープンに際して、下記のサービスがリニューアルされました。

リニューアルしたサービス一覧
リニューアルしたサービス一覧

〈農園で暮らす・耕す〉

● 宿泊施設付き市民農園“クラインガルテン”
● 会員制コミュニティ農園“アイアイファーム”

〈体験する・泊まる〉

● 農園での暮らしを宿泊しながら体験“プレイガルテン”
● 車中泊やテントでのキャンプサイトエリア“RVパーク”
● 都内人気の仕出し屋が手がける無農薬野菜レストラン“Take me farm.”
● 旬野菜の収穫やイベントを宿泊&体験“トレーラーハウス”
● 農園での暮らしを宿泊しながら体験“プレイガルテン”
● 美味しく笠間の自然を感じる“BBQパーク”
● 地元特産品とオリジナルメニューが買える“ファームショップ”

シーズンイベント情報

通年で楽しめるそば打ち体験や野菜の収穫体験、笠間の四季を感じるいちご・たけのこ・ブルーベリー狩り、全国有数の産地でもある笠間らしい栗拾いが1年を通じてイベント開催しております。

シーズン毎のイベント
シーズン毎のイベント

また、より笠間クラインガルテンを楽しんでいただけるように、食や音楽・自然を生かしたイベントも企画し、今後スポット開催していく予定です。

スポット開催のイベント
スポット開催のイベント

株式会社マイファーム

本社所在地:〒600-8216京都府京都市下京区東塩小路町607番地 辰己ビル1階
代表者  :代表取締役 西辻 一真
設立日  :2007年9月26日
資本金  :100,000,000円
事業内容 :耕作放棄地の再生及び収益化事業/体験農園事業(貸し農園、情報誌の発行)
農業教育事業(社会人向け新規就農学校、農業経営塾)/農産物生産事業および企業参入サポート
流通販売事業(農産物の中間流通・通信販売)
URL:https://myfarm.co.jp/