鉄道開業150年を音楽で祝うスペシャルコンサート『中央線組曲』開催決定 カンフェティでチケット発売

鉄道関連音楽を手掛けるスギテツ、《世界の車窓から》でおなじみのチェリスト溝口肇ほか 鉄道好きな音楽家たちが集結

杉並公会堂[(株)京王設備サービス]主催、『中央線組曲 ~鉄道開業150年を音楽で祝うスペシャルコンサート~』が2022年10月15日 (土)に杉並公会堂 大ホール(東京都杉並区上荻1-23-15)にて開催されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにて9月27日(火)19:00よりチケット発売中
https://www.confetti-web.com/chuosen_kumikyoku

公式ホームページ
https://www.suginamikoukaidou.com/concert/6225/

杉並公会堂(東京都杉並区/運営会社:㈱京王設備サービス)は、鉄道開業150年を音楽で祝うスペシャルコンサート【中央線組曲】を、2022年10月15日(土)に開催いたします。

国内初の鉄道が開業してから2022年10月で150年。「大好きな鉄道開業150周年を音楽でお祝いしたい!」と熱い想いをつのらせた音楽家たちが集い、一期一会の豪華キャストによる夢の饗宴が実現します。

鉄道をテーマにした楽曲やCMなど鉄道関連音楽を広く手掛けるピアノとヴァイオリンのデュオ『スギテツ』のプロデュースにより、《世界の車窓から》でおなじみのチェリスト溝口肇、杉並公会堂を拠点に活動する日本を代表するオーケストラ『日本フィルハーモニー交響楽団』のメンバーなど、第一線で活躍するミュージシャンに加え、トークゲストとして久野知美(女子鉄アナウンサー)、南田裕介(ホリプロマネージャー)、スペシャルゲストとして南 正時(鉄道写真家)、小野田滋(鉄道友の会理事)が華を添えます。

中央線カルチャーも隠し味に、鉄道ソングから発車メロディ、踏切の警報音まで、ここだけの鉄分たっぷりトーク&サウンドをお楽しみいただける楽しいコンサートです。

◆プログラム
舞曲《いい日旅立ち》
アイネ・クライネ・家電量販店 ~中央線沿線Ver.~
美しく青き善福寺川のさざなみ殺人事件
マイ・フェイヴァリット・シングス~私のお気に入り~(ロジャース)
世界の車窓から(溝口肇)
弦楽四重奏曲第12番《アメリカ》より(ドヴォルジャーク)
中央線組曲
ほか

公演概要

『中央線組曲~鉄道開業150年を音楽で祝うスペシャルコンサート~』
公演日時:2022年10月15日 (土) 14:15開場/15:00開演
会場:杉並公会堂 大ホール(東京都杉並区上荻1-23-15)

■出演者
スギテツ(杉浦哲郎 ピアノ & 岡田鉄平 ヴァイオリン)
溝口 肇(チェロ)

【日本フィルハーモニー交響楽団 弦楽アンサンブル】
田村 昭博(ヴァイオリン)/ 小中澤 基道(ヴィオラ)/ 伊堂寺 聡(チェロ)

【トークゲスト】
久野 知美(女子鉄アナウンサー)/ 南田 裕介(ホリプロマネージャー)

【スペシャルゲスト】
南 正時(鉄道写真家)/ 小野田滋(鉄道友の会理事)

【司会】
小笠原 聖(フリーアナウンサー)

■チケット料金
S席:4,500円[S席ペア券:8,500円]
A席:3,500円

主催:杉並公会堂[(株)京王設備サービス]
後援:杉並区