日本人が知らない宮廷文化 –日本の文化に向き合い考える- 京都外大でキャリア・就職支援プログラム『世の中を知る講座』を開催

京都外国語大学では、8月20日(土)に、キャリア・就職支援プログラム 第6回「世の中を知る講座」を開催します。この講座では、本学と京都経済界が連携し、学生が普段は接することがあまりない企業経営者や経済人・文化人、起業家の方々を講師として招き、それぞれの立場から、学生に向けて助言をいただきます。学生らがこれからの自身のキャリアを考えていくうえで、世の中がどうなっているのか、どうなっていくのかを知るきっかけづくりを目指します。
つきましては、ぜひ取材いただきますようよろしくお願い致します。取材いただける場合は、入試広報部までお問合せください。

第6回 世の中を知る講座「日本人が知らない宮廷文化」

-日本の文化に向き合い考える-

【日時】2022年8月20日(土)13:00~14:30

【会場】京都外国語大学 4号館5階 452教室

【講師】山科 言親氏
    衣紋道山科流若宗家

【主催】京都外国語大学

【講師プロフィール】
同志社大学宮廷文化研究センター研究員。代々宮中の衣装である“装束”の調進・着装を伝承している山科家(旧公家)の30代後嗣。三勅祭「春日祭」「賀茂祭」「石清水祭」や『令和の御大礼』にて衣紋を務め、NHK「日曜美術館」をはじめ、メディアへの出演や、歴史番組の風俗考証等も行う。旧山科家邸宅である源鳳院にて宮廷文化を題材にした講演会の監修、企業や行政・文化団体への講演やクリエイティブに関するアドバイザー等も務める。