山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルは、保証人がいなくても契約可能です。

賃貸物件を借りる時「連帯保証人」を見つけないと部屋が借りられないというのは、過去の話。現在では連帯保証人がいないくても、原則として部屋を借りることができる時代となっています。

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいても、契約時に「連帯保証人」をつけなくても契約することができますが、どうして連帯保証人不要でも部屋を借りることができるのでしょうか?

1.債権回収するには法的手続きが必要

連帯保証人は、債権者が債権放棄した状態になってしまった場合、その債権を支払わなければならない義務が発生してしまいます。
管理会社においても、借主が家賃滞納した場合、連帯保証人に家賃支払いをお願いすることになりますが、管理会社ができるのは「あくまでもお願い程度」だけであり、債権回収するためには、法的手続きを踏まなければなりません。

法的手続きを踏むとなると、費用がかさみその費用は「オーナーさん」がもつことになりますが、ただたとえ裁判などで勝訴したとしても、連帯保証人に「支払い能力がない」ことがわかれば、回収することができなくなってしまうので、オーナーと管理会社は「泣き寝入り」をせざるを得ない状態となってしまいます。

2.家賃保証会社は、連帯保証人の役割を担う

近年では、大手管理会社ではもちろんのこと、街の不動産屋さんが管理する物件でも、家賃保証会社を利用するところが増えてきていています。
家賃保証会社は、契約時に借主が「保証料」と年1回「更新料」を支払うことによって、万が一家賃滞納したとしても、家賃保証会社が一時的に「家賃立替」をしてくれるので、原則契約時に「連帯保証人」をつける必要性がありません。
仲介会社においても入居審査がスピーディーに行うことが可能となりました。

注記
家賃保証会社を利用する場合、原則としては「連帯保証人は不要」となりますが、ただ家賃保証会社の審査状況によっては、連帯保証人をつけることを求められる可能性がありますので、この点は注意が必要です。
また、現在ではライフスタイルの変化などによって「連帯保証人をみつける」ことが難しい方も多くなってきていますので、原則保証人不要物件は、上記のような方にとっては理想的なシステムと言っても過言ではありません。

3.家賃滞納3か月以上続けると、強制退去&ブラックリスト入りに

万が一家賃滞納してしまったとしても、家賃保証会社が管理会社に「立替」してくれるので、後日しっかりと保証会社に返金すれば何ら問題はありませんが、ただし家賃滞納を連続3か月以上続けてしまうと、管理会社は「契約上における信用関係が破綻」したとみなして、強制退去に向けた手続きを開始します。

裁判に移行する前に「未払い家賃」を返金してくれれば、裁判をすることはありませんが、ただ裁判に移行してしまうと、ほぼ100%の確率で強制退去が認められてしまうので、期日までに部屋を明け渡さなければなりません。

さらに、強制退去・家賃滞納していた事実は「信用情報機関」に掲載されてしまい、向こう5年間は消去されないので、仮に強制退去になったり家賃滞納を繰り返していると、次に部屋を借りようと思っている物件を管理している管理会社が、前の物件と同じ家賃保証会社もしくは協会内に加盟している保証会社を利用していた場合、信用情報を共有することができるので、入居審査が通らない確率が非常に高くなってしまうので、この点は最大のデメリットと言えます。

保証人不要物件は、入居時に連帯保証人を見つけなくても済む点においては、メリットと言えるものの、家賃滞納などをしてしまった場合には、履歴が残ってしまい今後の部屋探しにおいても悪影響となってしまうので、この点は注意が必要です。