札幌市地下鉄南北線さっぽろ駅に自宅モデルハウス見学サービス「イエコネ」の デジタルサイネージ広告を2022年12月1日より掲出

住宅業界紙「北海道住宅通信」を発行する北海道住宅通信社(本社:北海道札幌市)は、自社で運営する自宅モデルハウス見学サービス「イエコネ」のデジタルサイネージ広告の掲出を、2022年12月1日より札幌市地下鉄南北線さっぽろ駅(以下:さっぽろ駅)のK-VISIONにて開始しました。

動画URL(YouTube):https://www.youtube.com/shorts/Yl8RTr_XwJ0

動画スクリーンショット
動画スクリーンショット
動画スクリーンショット
動画スクリーンショット

デジタルサイネージ広告採用の背景

広報戦略の一部として、さっぽろ駅という不特定多数の人が行き交う場所に広告を掲載することによる認知拡大が目的です。
これまではインターネット広告を中心に「マイホームに興味」があるユーザーに向けてマーケティング展開をしておりましたが、年末年始のタイミングでより多くの方にイエコネを認知していただく方法としてさっぽろ駅のデジタルサイネージを採用いたしました。
インターネット広告は個人の趣味趣向に合わせて広告を配信でき、効率が良いのがメリットです。
ですが、一方で認知度の拡大という部分においては弱いと考えています。
一生に一度で最大の買い物のマイホームにおいて、誰もが知っているサービスというのは安心材料となるため、そこに向かってマーケティング・広報活動を強めていきたいと考えております。

イエコネについて

2022年4月に北海道札幌市周辺エリアでスタート。
「失敗しない家づくり」をテーマにこれから家を建てるユーザーに向けて、実際の住宅の購入方法や住み始めての住み心地など従来のモデルハウス見学ではわからない体験を提供しています。
住宅メーカーとしても過去に施工したお客様の自宅をモデルハウスとして、イエコネに登録することで新しい集客の窓口になります。
また、モデルハウスの維持費やイベント開催費を削減し住宅購入者へ還元できる仕組みを構築できます。

※イエコネは「令和二年度第三次補正中小企業等事業再構築促進補助金」採択事業です。

会社概要

商号: 株式会社 北海道住宅通信社
代表者: 代表取締役 友村 太郎
本店所在地: 札幌本社 北海道札幌市中央区北3条西7丁目5番地1道庁西ビル3階
設    立: 1977年(昭和52年)4月
資本金: 1,000万円
主な事業内容: 「北海道住宅通信」の編集・発行、「イエコネ」の運営
本社URL: https://www.juu-tsuu.jp/
イエコネURL: https://www.iekone.biz/