男性のトイレスタイルに対する女性の意見を調査!女性の8割が「座りションしてほしい」!と回答

ユニークなお願い方法と座りション時代の汚れスポットを紹介

 この度、ライオン株式会社の新商品「ルックプラス 泡ピタ トイレ洗浄スプレー」の発売に際し、トイレ掃除に関する情報を発信しているルックプラス泡ピタ広報事務局は、ライオン株式会社が行った「男性の小用スタイルに関する実態調査2021」の結果を受け、女性の意見に着目し、独自に分析いたしました。その結果を新たにご報告いたします。調査によると女性の約8割は同居男性に「座りション」してほしいと考えていることが明らかになりました。尿ハネ汚れを避けるために、座ってほしいという意見が多い中、座りションにより汚れやすいお掃除スポットである、トイレのフチ裏についてもご紹介します。
※当資料内では、小用のスタイルについて、以下のように表現しております。 「座りション」=座って小用を足すこと 「立ちション」=立って小用を足すこと

自宅のトイレでは、約8割の女性が「座ってしてほしい」と回答

 男性と同居している女性に、男性の小用スタイルについて「立ちション」、「座りション」どちらが良いかを聞いてみたところ約8割の女性が男性には「座りションしてほしい」と考えていることが分かりました。

男性のトイレスタイルに関する女性の意見
男性のトイレスタイルに関する女性の意見

 なぜ座ってほしいのか女性の声を聴いてみると「立つと尿が跳ねて汚れるから」という意見が多数上げられました。コロナ禍で自宅のトイレの使用回数も増えており、きれいな状態をキープしたい意識が高まっているようです。また、ライオンが行った「男性の小用スタイルに関する実態調査2021」によると、男性の約6割が「座りション」となっており、座りションが多数派となっているようです。

ありとあらゆる方法で「座りション」をお願いしている女性たち

 男性には座りションをしてほしいと語る女性たちへ、どのように座りションを促しているのかを聞いてみると、「ルール化した(36.1%)」が1位でした。一方で、なかなか守ってくれない男性に対しては、「あきらめている」「汚すなら自分で掃除してほしい」と怒りの混じった声が聞かれました。

男性へのお願い方法(上位3位)
男性へのお願い方法(上位3位)
女性のお願い方法
女性のお願い方法
【調査概要】 女性を対象にした男性の小用スタイルに関する実態調査 2021
■調査主体:ライオン 株式会社
■期間:2021年6月18日(金)~6月21日(月)
■方法:インターネット調査
■対象:20~69歳の女性 500名

【参考情報】座っても汚れていた!どうしても汚れてしまう尿ハネ スポットは「フチ裏」

 女性の支持も高い座りションですが、本当に座りションをすれば、尿ハネは避けられるのでしょうか。ライオンが座りションを想定して行った実験結果によると、確かに便器の外への尿ハネは大幅に減っているようです。しかし、座りションをしても、尿は便器の内側にぐるっと1周跳ねており、特にフチ裏と便座裏に多く跳ねています。実験結果から、「座ってすれば、汚れない」のではなく、実は汚れる場所が便器の外側から、フチ裏などの内側に変化していると考えられます。

座りションによる尿ハネ汚れ
座りションによる尿ハネ汚れ
座り小用による尿ハネ実験 概要
・疑似尿300ml(ビタミンB2水溶液)をシリンダーで約20秒間噴出後、トイレ水洗
・1日の4名家族を想定 ※疑似尿の量、男女差などは考慮しない
・1日の平均小用回数7回×4名 計28回を実施 ※便座はすべて下げた状態で実施
(ライオン調べ)

座りション時代のフチ裏掃除は泡におまかせ! 「ルックプラス 泡ピタ トイレ洗浄スプレー」が好評発売中!

 座りション時代に汚れやすいフチ裏汚れのお掃除にぴったりの「ルックプラス 泡ピタ トイレ洗浄スプレー」をご紹介します。モコモコの密着泡がフチ裏の奥まで届いて留まるので、60秒後に流すだけで、簡単にフチ裏掃除ができます。
 便座や床まで掃除ができるので、泡ピタ1本で、簡単にトイレ掃除をすることができます。

ルックプラストイレ洗浄スプレー
ルックプラストイレ洗浄スプレー
フチ裏の画像①
フチ裏の画像①
フチ裏の画像②
フチ裏の画像②

【コラム】トイレの「フチ裏掃除」は、みんなの嫌われ者

 2019年にライオン株式会社が行った調査によるとフチ裏はトイレ掃除で最も苦労している場所だったのです。
フチ裏掃除がうまくいかない理由としてはブラシが届かないなど、いろいろな理由があるようです。

フチ裏掃除が嫌われる理由
フチ裏掃除が嫌われる理由

結果、8割もの人が汚れを気にしつつもしっかり対処できていない“見て見ぬふり状態”であることも分かりました。