再生医療市場動向(グローバル&中国市場トレンド)無料セミナーのご案内

沖為工作室合同会社は9月4日に再生医療市場動向(グローバル&中国市場トレンド)無料セミナーを開催いたします。

新型コロナウイルス(COVID-19)に間葉系幹細胞を用いた治療が試みられています。この背景には間葉系幹細胞の持つ抗炎症作用がサイトカインストームを抑制し、肺の炎症を抑えることが期待されていることがあります。しかしながら有効性に関わる臨床試験のデータがまだ少なく、安全性に関する議論も同時に進められています。

また中国においても法規制の整備でスタートこそ遅れましたが、中国政府も幹細胞産業を根幹産業の一つとして位置付けており、新型コロナウイルスの治療では再生医療を含めた新しい技術を援用したプロジェクトも進められ、2020年は実際に感染症悪化の状況下、中国バイオ企業が国内外でイニシアティブを取るケースが増えています。

新型コロナウイルスとの相関も絡めながら「再生医療グローバル&中国市場トレンド」と題して、最新のマーケットトレンドをオンライン動画にてお届けいたします。

【アジェンダ】
幹細胞と新型コロナウイルス
幹細胞グローバルトレンド
中国トレンド-幹細胞産業および規制の歴史-
市場規模予測

詳細は☟リンクをご参照下さい。
https://www.chong-wei.com/regenerative_medicine.html#/

【お問い合わせ窓口】
 沖為工作室合同会社
 support@chong-wei.com