【事例レポート】チームビルディング強化を目的に謎解き懇親会を実施。老若男女問わず楽しく参加できる「謎解きゲーム」で会話を促進

企業の企画担当者の生の声を中心に最新事例を紹介

謎解きを使った参加体験型プロモーションイベントの企画制作を事業とする株式会社ハレガケ(本社:東京都豊島区、代表:黒田洋介)は、謎解きゲームのコミュニケーション活性やチームビルディング効果、また、物事を楽しく体験させて印象づける効果などの「体験で伝える力」を活用した事業として、社内イベントサービスや研修サービスを展開しています。今回は、サンゴバン株式会社 機能樹脂事業部が2023年9月8日(金)に実施した、「リアル謎解き社内イベント」の事例について、企画担当者のウエザリ様、山嵜様、渡辺様へのインタビューを中心にご紹介します。

「リアル謎解き社内イベント」当日の様子
「リアル謎解き社内イベント」当日の様子

今回、サンゴバン株式会社は、機能樹脂事業部 諏訪工場の社員を対象にチームビルディング強化を目的とした「リアル謎解き社内イベント」を実施しました。コミュニケーションとチームワークが不可欠な謎解きゲームが今回のイベントの主旨に合うと考え、ハレガケの社内イベントサービスを採用しました。
ハレガケの社内イベントサービスは「謎解きゲーム」をベースにした体験づくりが特徴で、コミュニケーション活性やチームビルディング強化に効果的です。開催目的や開催場所にあわせ16種類のコンテンツがあります。今回はその中でもリアルでの開催かつ、チームビルディング強化に特化したコンテンツを採用いただきました。また、今回は参加者の緊張をほぐすことを目的に、謎解きゲームの前に「アイスブレイククイズ」をおこないました。

リアル謎解き社内イベントを体験している社員の皆様の様子
リアル謎解き社内イベントを体験している社員の皆様の様子

■コロナ禍を経て感じる社内コミュニケーションへの課題

※サンゴバン株式会社 ウエザリ様、山嵜様、渡辺様インタビューより抜粋

ここ数年、新入社員が増えてきていたのですが、コロナ禍だったこともありコミュニケーションがなかなか取りづらく、横のつながりが希薄になっているのを感じていました。例えば、お昼休みにカフェテリアで話す機会が減ってしまったり、マスクをしているので気軽に話しづらくなってしまったりと、コミュニケーションの機会が少しずつ減っていった感覚があります。そして、昨年諏訪工場が30周年記念の年だったのですが、その時初めてハレガケさんに謎解きイベントをお願いしました。そのイベントの印象が良かったので、同じような内容でもっとコミュニケーションの活性化を図れるイベントを開催したいと思ったんです。

<当日の様子>

ーアイスブレイククイズー

アイスブレイククイズは、私たち幹事も想像していなかったような問題を用意していただいて、会場もすごく盛り上がっていました!昼食を食べながらでも皆ノリノリで参加してくれて、その後の謎解きイベントに良い雰囲気、良いチームワークのまま、楽しんで参加してくれていたように感じました。

ー謎解きゲームー

謎を解くために身体を使ったりするところが、思いがけずチームみんなのひらめきがあって面白かったです。また、謎の難易度や解く順番をチームごとに決められるのも、チーム内でコミュニケーションを取る機会になって良かったと思います。

アイスブレイククイズをしていただいたおかげで、謎解きゲームがスムーズに進んでいたように思います。チームでの戦略を考えるために活発にコミュニケーションを取っている印象もありました。また、初対面の人もいたと思いますが、みんなが積極的にゲームに参加することができ、活発に身体を動かし、声も出していましたね。

<効果>

イベントが終わった後に参加者アンケートを取ったのですが、そのうちの8割くらいが「有意義だった」と回答してくれていたので、楽しみながらも充実した時間を過ごしてくれたのかなという印象を持っています。また、参加者から「来年はこうしたい」や「こうしたらもっと良くなるのではないか」という意見もいただいているので、初年度(※1)としてはとても良いイベントになったと思います。

※1:サンゴバン株式会社では、今年度からチームビルディングを強化するための「チームビルディングデー」を設けており、今年はその初年度となりました

■概要:今回の謎解き社内イベントについて

今回のイベントで実施した謎解きゲームは「ゲームが得意な人だけが頑張る」だけではクリアできません。共通の課題を乗り越えるために、チームの力を発揮し、情報共有や役割分担など、個人ではなくチームメンバー全員で意思疎通しあうコミュニケーションや、強みを活かすチームワークが重要です。ゲームでは「情報収集する」「必要な行動を話し合う」「自ら行動する」などのアクション以外にも、「手先を器用に使う」「複雑な模様を口頭だけで説明する」「なぜチームメンバーがその行動を行ったのか理由を考える」など、様々なコミュニケーション力やチームワーク力が求められる課題に挑戦します。

今回実施した謎解きゲームのビジュアル
今回実施した謎解きゲームのビジュアル
謎解きゲームを楽しむ社員のイメージ
謎解きゲームを楽しむ社員のイメージ

<期待できる効果>

チームメンバーの特性を活かして課題解決に挑むという、日常的なチームワークの発揮の疑似体験ができます。コミュニケーションにおいて重要な伝達力を試される課題もあり、言いたいことがうまく伝わらないという失敗にぶつかりながら「どうすれば伝わるか」を自分で試行錯誤させることができます。また、チーム全員でのコミュニケーションやチームワークが重要となるので、ゲームを楽しむうちに自然とメンバー同士の結束が生まれます。

<オプションのアイスブレイククイズについて>

今回、参加者の緊張をほぐすことを目的に、謎解きゲームの前の昼食時に「アイスブレイククイズ」を実施しました。内容はサンゴバン株式会社にちなんだオリジナルの問題となっており、チームで話し合い解答をする形式でおこないました。謎解きゲーム前に実施することで、ある程度打ち解けた状態でゲームを開始できるので、初対面や普段は関わりの少ないメンバー同士で構成するような場合におすすめです。また、当社の社内イベントサービスでは様々なオプションをご用意しています。会場や食事の手配、参加者への告知のお手伝いなど、ご要望に応じて柔軟に対応させていただきます。

■導入の流れ

1.弊社ホームページよりお問い合わせください。
2.弊社担当より人数・規模感などを確認させていただきます。
3.弊社担当よりニーズに合ったプランを提案します。
4.当日の運営まで、サポートさせていただきます。

【サービスに関するお問い合わせ】
サービス担当 鶴見・黒田まで
代表アドレス:info@haregake.com
代表番号 : 03-6912-7596
お問い合わせフォーム https://nazotoki-plus.com/contact/

【メディア対応窓口】
広報担当 大岩まで
大岩 加奈 (Oiwa Kana)  
メール: oiwa@haregake.com 
携帯:050-5364-3342

<サンゴバン株式会社について>

1665年にフランスで設立された王立鏡面ガラス建築製作所を起源とするグローバル企業で、ガラス製品の販売および高機能素材の製造と販売をおこなっています(1975年6月設立)。

本社住所:東京都千代田区麹町3-7サンゴバンビル

事業内容:
ガラス製品の販売および高機能素材(セラミックス、プラスチック、研磨材製品)の製造と販売

株式会社ハレガケ

謎解きを使ったイベント企画制作を専門とする会社です(2013年設立)。リアルやオンラインのイベント制作をはじめ、自社商品開発・企業様向けサービスなども展開しています。

所在地:
東京都豊島区高田3-21-2 ユニハイト東京ビル4階

事業内容:
体験型イベント、リアル謎解きゲームの企画制作、運営
社内懇親会サービス企画制作、運営
体験型研修サービス企画制作、運営

株式会社ハレガケ
株式会社ハレガケ