ふるさと納税週刊ニュース「泉佐野市が高裁で敗訴」「境町などが大臣表彰」など

【ふるさと納税ガイド】ふるさと納税サイトのトピックスと各自治体の動向を1週間分、まとめてお届け

日本最大級の比較サイト「ふるさと納税ガイド」は1月31日、各サイトのトピックスと各自治体の動向を1週間分まとめてお届けする「ふるさと納税週刊ニュース」を更新しました。

https://furu-sato.com/magazine/category/weeklynews/

ふるさと納税自治体 今週の動向

【大阪府泉佐野市】高裁で敗訴

2019年6月からふるさと納税制度の対象外になっていた大阪府泉佐野市は、総務省を相手に決定の取り消しを求めた訴訟を行っていました。
その判決が30日、大阪高裁で言い渡され、泉佐野市の請求は棄却されました。

事の発端は2017年4月から始まります。
総務省は「返礼品3割以下、金銭類似性や資産性が高いものの除外」を度々要請していきましたが泉佐野市はそれに従いませんでした。

詳しい経緯や今回の論点はYouTubeの「ふるさと納税チャンネル」で解説されていますので、是非ご覧ください。

【茨城県境町など】2自治体3企業が大臣表彰

内閣府は、「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)に係る大臣表彰」の2019年度受賞者を決定した。
同表彰は2018年度に始まったもので、第2回となる2019年度は、地方公共団体部門で茨城県境町、群馬県下仁田町、企業部門で小松マテーレ、ディスコ、長谷工コーポレーションが受賞した。
表彰式は2020年2月17日、東京・大手町の日経ホールで行われる。

https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/012801429/

企業版のふるさと納税はつい最近、税負担軽減割合が6割→9割になる方針が決まったというニュースもありました。
返礼品は発生しませんが、企業にとってはCSR活動になるなどのメリットがあります。
表彰される2自治体も素晴らしいですが、3企業にとっては今回の報道も含めて有効なCSR活動になったと言えるでしょう。

ふるさと納税サイト 今週のトピックス

楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー発表

大賞:宮崎県都城市

▼受賞コメント
2年連続で受賞することができ、大変光栄に思います。「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」をPRするとともに、事業者の皆様と魅力あるお礼の品を提供してまいります。
受賞:北海道白糠町

▼受賞コメント
寄附をした後の繋がり”を大切にしてきました。白糠食材80%使用のフレンチフルコースの感謝祭など1対1の繋がりを意識したその結果が今回の受賞であったと思っています。
受賞:山形県寒河江市

▼受賞コメント
「さくらんぼの里」寒河江(さがえ)市を応援していただきました寄附者の皆様ありがとうございました。今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申しあげます。

以上、今週の各自治体とふるさと納税サイトのトピックスでした。