[奈文研イベント]第22回古代瓦研究会シンポジウム

奈良文化財研究所 都城発掘調査部では、1998年以来、21回のシンポジウムを通じて、製作技法を軸に、古代瓦の地域的展開を追究してまいりました。
このたび、第22回のシンポジウムを以下の日程で開催いたしますので、ご案内申し上げます。

テーマ

奈良時代末期~平安時代初期の軒瓦

開催期日

2023年2月4日(土)13:00~17:00
2023年2月5日(日)9:00~15:00

プログラム

2月4日(土)

13:00~17:00 研究発表
「平城宮の瓦」        岩永 玲(奈良文化財研究所)
「西大寺・薬師寺・法隆寺の瓦」田中龍一(奈良文化財研究所)
「唐招提寺の瓦」       岡田雅彦(奈良県立橿原考古学研究所)
「由義寺の瓦」        樋口 薫(八尾市文化財調査研究会)

2月5日(日)

9:00~11:30 研究発表
「長岡宮・平安宮初期の瓦」  古閑正浩(大山崎町教育委員会)
「宝菩提院廃寺(願徳寺・長岡寺の瓦)」梅本康広(向日市埋蔵文化財センター)・高橋 香(かながわ考古財団)
「四天王寺の瓦」       谷崎仁美(龍谷大学)
13:00~15:00 総合討議

開催会場

奈良文化財研究所 平城宮跡資料館講堂(奈良市佐紀町)
(近鉄西大寺駅下車・東へ徒歩10分)»地図参照

参加申込み

・当日の参加者は、地方公共団体・大学・博物館および当研究所を中心とした関係者で、事前にお申し込み制で定員80名(先着順)とさせていただきます。
・参加希望者は、申込フォーム(https://req.qubo.jp/nabunken/form/xEXKVGDS)にアクセスしていただき、必要事項をご記入の上、2023年1月13日(金)までにお申し込みください。

・なお、当日参加が困難な方のために、インターネットによるライブ配信を行いますので、視聴を御希望される方は、当日参加と同様にお申し込み下さい
 (視聴方法につきましては、後日改めて御連絡差し上げます)。
・研究会場では、両日とも発表に関連する瓦を展示いたします。休憩時にご覧下さい。
・宿泊および昼食は、各自でご手配下さい。
・情報交換会につきましては、新型コロナウイルスの感染防止のため、開催いたしません。
 ※本申込書にご記入いただいた内容は、本研究会の事務作業以外には使用いたしません。

申込み・お問い合わせ先

古代瓦研究会事務局(奈良文化財研究所都城発掘調査部平城地区内)今井晃樹・林 正憲
〒630-8577  奈良県奈良市二条町2-9-1
FAX:0742-30-6830 E-mail:kogaken_nabunken☆nich.go.jp(☆を@に変更してください)