シェアフルとセブン銀行が業務提携 給与即時払いサービス開始!

~企業の業務効率化実現と個人の柔軟な働き方を支援~

総合人材サービスのパーソルグループで短期人材活用プラットフォーム「シェアフル」を提供するシェアフル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大友 潤、以下シェアフル)は、株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:舟竹 泰昭、以下セブン銀行)と業務提携し、2020年7月21日より給与即時払いサービスを正式に提供開始いたします。従来、人材紹介サービスから労務代行サービスまでを提供してきたことに加え、今回、給与即時払いサービスを提供開始することで、労務関連業務全てを「シェアフル」に集約することが可能となり、人事・労務・経理担当者の業務効率化を実現するとともに、個人の給与即時払いのニーズに応え、柔軟な働き方の実現を支援してまいります。


■背景1:コロナ禍により収入を得るために働きたい個人が増加、即時収入を得られる手段確保が課題

総務省が発表した2020年1月~3月期の追加就労希望調査※1では、212万人が就労時間の追加を希望、前年対比22万人増と、本業以外でも余剰時間で行える仕事をしたいと考える個人が増えていることがわかります。さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で緊急事態宣言を受けた2020年4月には、「収入を得る必要が生じた」ことを理由に新たに求職活動を開始した個人は27万人、前年対比10万人増※2となり、個人にとって日々の生活費の補填が必要となるなど、即時収入を得るための手段の確保が重要課題となっています。

■背景2:短期間・短時間就労の人材活用が増えるほど、企業の労務関連業務は煩雑化

個人の働き方の変化に合わせ、給与即時払いのニーズに応えていくことで、企業の求人応募数や就業満足度の向上に大きな影響を与えると考えられています。しかしながら、企業において短期間・短時間での就労を希望する個人の活用が増えるほど、契約締結や勤怠管理、給与計算、給与支払いなどの労務関連業務が煩雑化し、人的コストをかけるだけの余力がなく、活用を諦めざるを得ないといった実態があります。特に給与即時払いに関しては、振込日や回数といった給与振込パターンが増えることによる業務煩雑化や、社内で即時払いに対応するための制度を整えられていないことが理由となり、対応している企業は少ないのが現状です。

※1: 総務省統計局「労働力調査(詳細集計) 2020年(令和2年)1~3月期平均結果」https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/dt/pdf/gaiyou.pdf
※2: 総務省統計局「統計表 第9表 求職理由別完全失業者数」
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html

■業務提携の概要

そこで、シェアフルは人材紹介サービス、労務代行サービスの提供に引き続き、この度セブン銀行と業務提携を行い、給与即時払いサービスを正式に提供開始いたします。個人は就業すると原則24時間・365日いつでも給与を受け取ることができます。また、企業は「短期間・短時間人材の活用」においてネックとなっている労務関連業務全てを「シェアフル」に一元集約できるようになり、人事・労務・経理担当者の業務効率化の実現が可能となります。

■給与即時払いサービスの概要

個人側メリット:24時間・365日いつでも給与の即時払いを活用でき、必要な時に収入を得ることが可能(概要図:③⑤)

給与即時払いサービスの対象となる求人で就業した場合、企業が制定する給与支払い日よりも早く給与を受け取ることができます。セブン銀行との業務提携を通じて、原則24時間・365日いつでも給与即時払いサービスを利用でき、必要な時に必要な分だけ就業し収入を得ることが可能です。

企業側メリット(1):求人応募率向上、キャッシュフローの改善に役立てられる(概要図:⑥)

給与即時払いサービスを活用し、個人の「給料を即日受け取りたい」というニーズに応えることで求人への応募率向上が見込めます。また、シェアフルが給与の立替払いを行い、企業においては後日請求書払いを実現できるため、企業経営・店舗運営におけるキャッシュフロー改善に役立てることが可能です。

企業側メリット(2):一元的な労務管理を実行でき、業務負荷の軽減に寄与

従来、提供してきたマッチング機能、労働条件通知書の電子交付、勤怠登録や給与計算を含む労務代行サービスに加え、今回、提供を開始した給与即時払いサービスを活用することで、人事・労務・経理担当者は契約処理、書面のやり取りや管理、給与支払いなどの業務の手間・負担を軽減することが可能です。

※上記サービスは経済産業省・厚生労働省の「グレーゾーン解消制度」により認定されています。
「グレーゾーン解消制度で公式見解を取得」のプレスリリース(2020年7月21日配信)

■2002年に創業し宅配事業を展開、地元アルバイトを常時200人以上抱えている株式会社タキシステム 専務取締役 小林昌美様からのメッセージ

●シェアフルの給与即時払いサービスを活用したきっかけ
弊社は短期的な人材雇用を1日最大10名行っています。しかしながら、1日に雇用する人数の労務関連業務まで弊社内で完結して行うには相当の労力がかかると感じていました。弊社内で労務関連業務を一気に行えることを期待し、給与即時払いサービスを活用させていただくことにしました。

●シェアフルの給与即時払いサービスに期待すること
シェアフルを活用することで、人材採用と勤怠管理、給与計算だけでなく給与振込業務まで一元的に行えるため、各担当者の業務フローの効率化ができる点はすごく有難いです。また、ご就業いただいたユーザーには、給与をすぐに手に入れたいという方も多いと聞いたので、今後、給与即時払いサービスを活用する上で弊社の求人応募率の向上にも繋げていけるのではと期待しています。

■ご導入企業一覧

他多数の企業・店舗様にご導入を頂いております。


■今後の展望

シェアフルは2019年3月よりサービスを開始し、個人が短期間・短時間で自分の希望や経験に合った仕事を柔軟に選択できるとともに、企業が労務関連業務のすべてを一貫して行えることによって、必要な時に必要な分だけ人材を活用できるサービスを提供してまいりました。今後も、シフト管理、長期雇用スタッフも含めた労務管理の一元化など、さらなるサービス品質の向上・新機能の拡充を続けてまいります。


■シェアフル株式会社について

シェアフル株式会社は「スキマ時間を価値に変える」をビジョンに、パーソルホールディングス株式会社とフリーランス総合支援プラットフォームを提供するランサーズ株式会社が2019年1月に設立した合弁会社です。短期人材活用プラットフォーム「シェアフル」を提供することで、労働シェアリング市場の拡大を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。


【本件の取材に関するお問い合わせ先】
シェアフル株式会社 広報担当 press@sharefull.com
TEL:03-6478-1760 FAX:03-6370-7475