24時間管理対応している賃貸物件は、本当に便利です。

賃貸物件に入居中、突然「設備が使えなくなってしまった」といったトラブルが発生することがありますが、この場合基本的には「物件を管理している管理会社」に連絡することになっているものの、ただ管理会社の営業時間外(夜間/土休日)にトラブルが発生した場合には、どのように対応したらいいのかわかりませんよね?
この時、入居物件が「24時間管理」をしている場合、コールセンターに連絡してもらえれば、すぐに対応してくれるので安心。

24時間管理対応している物件について、利用料が発生するところと無料の所がありますが、大手管理会社物件においては、自動的に24時間管理対応となっているので、月々利用料が発生することはありません。

街の不動産屋さんが管理している物件や、オーナーさんが自主管理している物件においては、外部委託をしなければオーナーさんご自身ですべてを対応しなければならないので、24時間管理を希望される場合は、別途料金が発生するところもありますが、24時間管理を外部委託した場合、当然ながら対象項目が限られてくる可能性があるので、もし24時間管理を外部委託している物件においては、契約内容を一度確認されたほうがいいと思われます。

管理会社の話によると、設備トラブルが発生しやすいのは、日中の時間帯ではなく夜間帯に多いとのこと。
この時、すぐに対応しないと「賃貸借契約書の『善管注意義務違反』」に該当してしまい、退去時に修繕費用を支払わなければならなくなりますが、24時間管理対応している物件ならば、緊急性が高いものであれば、担当者がすぐに現場に急行し、対応してくれるので安心です。

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、大手管理会社に管理委託契約を結んでいるので、24時間管理して頂いていますが、先月の大型連休中に強風が発生した影響によって、物件に設置されているMDF盤(通信線路の集線盤)のフタが外れてしまい、一部設備が破損してしまったことから、一部のご入居者のお部屋では「インターネットが使えない」状態となってしまいました。

この時、お客様からオーナーである自分の所に連絡があり、すぐにコールセンターに連絡してたところ、連休明けに対応してもらったのでとても助かり(後日新しいフタを取り付けました)、またインターネットの接続の件は、お客様の方からインターネット接続業者に連絡して頂き、無償で対応してくれたとのことでしたので、直接的な被害は殆どありませんでした。

もし、24時間管理対応していない物件では、原則的にはオーナーさんに連絡するしか方法はありません。ただオーナーさんが「専業大家」さんでない限り、土休日に対応してくれるかどうかは未知数なので、場合によっては連絡してもつながらない恐れがありますので、要注意です。

今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。