VANSの定番スニーカーOLDSKOOLがSTuREET(スチュリート)の手によって変身を遂げた!!

STuREETオンラインサイト 7/9(金)より受注開始

新作カスタムVANS OLDSKOOL FIRE PATTERN が2色展開同時に登場!

《 公式オンラインストア:https://customshoes.thebase.in

VANS OLDSKOOL FIRE PATTERN|RAINBOW
VANS OLDSKOOL FIRE PATTERN|RAINBOW

ファイヤーパターンのデザインをVANS既存には存在しないカラー「レインボー」に仕上げている。

またボディもカラーリングを施し、BLK×BLK/BLK×WHTの2色展開となっています。

FIRE PATTERN (BLK×BLK)
FIRE PATTERN (BLK×BLK)
FIRE PATTERN (BLK×WHT)
FIRE PATTERN (BLK×WHT)

ボディカラーのBLK×WHTはブラックの生地からペイントでホワイトに変更。
下地をしっかりと塗る事によりエアブラシによる発色効果を高めている。

夏にCooooolな自分だけのスタイルを目指せ!!

履き回しのしやすい夏スニーカーはローカットファッションで決めることが多い。
その中でも目立つローテクスニーカーは夏の必須アイテム!!

足元の印象が一気に変わるデザインを求めているはずだ!

夏コーデはド派手に攻めることが出来る時期なのも良いので、今回のVANS OLDSKOOLカスタムはまさにうってつけのアイテムと言えるだろう!

Model:Arts
Model:Arts

また、近年女性のローテクスニーカーはカジュアルファッション好き女性の可愛さを飛躍的にアップさせるマストアイテムとされている!

スポーティーやハイテクスニーカーとは違い、オールドスタイルの印象も持ち合わせている為、年齢問わず柔らかなカジュアルさのある印象を与える。

Model:Takako
Model:Takako

ストリート・カジュアル・ペアルックと、数多くのシーンに対してマッチするアイテムで
ファイヤーパターンのワイルドさにレインボーカラーの可愛さを残す一足となっている。


STuREET若手デザイナー「KAZUKI」の第3作目の作品。

受注販売情報

商 品 名:VANS OLDSKOOL「FIRE PATTERN(BLK&WHT)」
販売価格:23,980円(税込)
サ イ ズ:23.0~31.0cm
商品ページ:7月9日(金) 10:00~
※STuREET公式オンラインショップにて受注開始
納期時期:30~180日
STuREET公式オンラインストア(https://customshoes.thebase.in


※ 注文が集中した際の長期枠を確保しております。
  また、新型コロナウィルスの影響も考慮し製作には大幅にお時間を頂いております。状況により前後する事も想定頂きます様宜しくお願い申し上げます。
※ 本ご注文内容はあくまで修理(リペア)といった名目での内容で加工請負を行っております。ご理解頂きました方のみご注文をお願い申し上げます。

STuREET(スチュリート)について

2006年:芸術を専攻していたデザイナーRITA(リタ)によって設立されたカスタムブランド。
「レッドカーペットで履ける、艶やかなスニーカー」をコンセプトにアート展開として始動。
エレガント・ゴージャスを作品に取り入れ 繊細なディテールを表現した事で多方面から高い評価を得た。
2007年:MTV Awards Japan 授賞式でNe-Yoの衣装用スニーカー製作依頼を受けた事で著名なる方々から依頼が増えた。
2008年:AIR FORCE 1「DROP-Rubber Limited Edition-」で今までにない3Dの液体が垂れる様子をスウォッシュに表現。それによりSTuREETを代表するDROPデザインが確立。
2013年:NEW ERA からキャップのカスタム製作依頼を受け、香港World Trade Centreで展示発表会が行なわれた。
2016年:アート要素を取り入れた「Nature(自然)」をテーマに掲げ、ラグジュアリーとは真逆の異色アイテム「RUST- 錆 -」を製作。
2018年:「HYPEBEAST」「WWD」本国版で「AJ1 RUST」が掲載され大きな評価を得た。
2020年:シグネチャーデザイン「DROP」をアップグレードさせた新デザイン「FLOWDOWN」が登場。

そして、2021年... 日本のカスタムスニーカーのパイオニアとして数々の作品を世に送り出してきたSTuREET。
カスタムスニーカーをもっと色んな人に楽しんでもらおうと活動の幅を広げ、個々のカスタムオーダーによって
『特別な人へ特別な思いと物を送る』という精神を掲げ、日々デザインを作り挑み続けている。