京都に雪山が出現!? 雪山登山をテーマにした大人気リアル脱出ゲームが関西初開催! 『閉ざされた雪山からの脱出』が2022年11月18日(金)から リアル脱出ゲーム京都店にて開催決定。

全世界で940万人以上を動員する「リアル脱出ゲーム」を展開する株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)は、雪山登山中の遭難体験をテーマにしたリアル脱出ゲーム『閉ざされた雪山からの脱出』を2022年11月18日(金)〜2023年2月26日(日)の期間限定で、リアル脱出ゲーム京都店にて開催することを発表します。
☆イベント特設サイト: https://realdgame.jp/yukiyama

リアル脱出ゲームは、ある特定の空間から仲間と協力して謎を解き明かすことで脱出を目指す体験型ゲーム・イベントです。『閉ざされた雪山からの脱出』では、1〜4人のチームとなって実際にテントの中に入って謎を解き、制限時間60分以内に脱出を目指します。プレイヤーは登山中に予期せぬ猛烈な吹雪によって遭難したという設定。絶体絶命…と思われたそのとき、偶然見つけた1つのテントに残された過去の遭難者のアイテムや記録を頼りに、生きて雪山から脱出する方法を導き出すストーリーとなっています。『閉ざされた雪山からの脱出』は、過去開催時に完売が続出した大人気公演。今回が関西地方では初開催となります。

会場は雪山へと変身し、フロア内には複数のテントが実際に立ち並びます。またゲーム内には雪山で暖を取るために使用するエマージェンシーシートやランタン、動物図鑑、地図など多数の登山に関連したアイテムが登場し、‟リアルな雪山体験“をお楽しみいただけます。

さらに、前売券購入時限定のオリジナルグッズとして、「謎付きアウトドアボトル」を販売します。アウトドアに便利なカラビナが付属したボトルを使用しながら、自宅で謎解きをお楽しみいただけます。ぜひチケット購入時は、こちらのグッズもあわせてお買い求めください。

本イベントのチケット一般発売は、10月8日(土)12:00よりスタートとなります。本当に雪山で遭難したときのような緊迫感と、テントや登山アイテムを駆使して1つ1つ問題解決していく達成感を味わえる本公演にぜひご参加ください。

『閉ざされた雪山からの脱出』概要

■プレイ形式
制限時間:60分
推定所要時間:100分程度
人数:1人~4人でプレイ可能
場所:屋内
スタート形式:一斉スタート

■ストーリー
とある雪山に挑むあなた。息を弾ませながらも、一歩ずつ山頂へと向かっていた。
しかし8合目を越えた頃、突如、天候が荒れはじめ猛烈な吹雪があなたの体温を奪っていく。
装備が十分ではなかったため、瞬く間に体は冷え込み、体力は限界間近。もはやここまでかと思われたとき、目の前に古びたテントが現れた。

「ここに残された物資を使えば、助かるかもしれない…!」

吹き付ける風によって、目の前は白一色となりもと来た道もわからない。あらゆる自然が牙をむく雪山ではあなたの身体はもって一晩。
さぁ、この極限の環境下で生きて脱出できるだろうか?

■会場/開催日程
・リアル脱出ゲーム京都店:2022年11月18日(金)〜2023年2月26日(日)

■チケット情報
【発売日】
・少年探偵SCRAP団員(FC)先行販売期間:2022年10月1日(土)12:00~10月7日(金)23:59
☆少年探偵SCRAP団員先行購入特典:雪山でもあったか「SCRAP団オリジナルカイロ」
・一般発売:2022年10月8日(土)12:00~

【料金】
<前売券/一般>
平日 3,000円
土日祝、ハイシーズン 3,300円

<前売券/学生>
平日 2,700円
土日祝、ハイシーズン 3,000円

<前売券/グループチケット(1~4人)>
平日 2,900円/1人(合計:11,600円)
土日祝、ハイシーズン 3,200円/1人(合計:12,800円)

※料金は税込です。
※当日券も販売予定ですが、前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
※チケット詳細、注意事項は特設サイトをご確認ください。

☆前売券購入者限定グッズ:謎付きアウトドアボトル

ボトルを用いて謎解きが楽しめる「謎付きアウトドアボトル」が前売券の購入者限定で販売! 自宅に帰ってからボトルを使いながら、謎解きをお楽しみいただけます。アウトドアに便利なカラビナも付属。
※当日券での販売、また本グッズのみでの販売はございません。
※転売は、いかなる場合にも固くお断りいたします。

主催:SCRAP 企画制作:SCRAP 協賛:株式会社ロゴスコーポレーション
※本公演で使用する「テント」は、株式会社ロゴスコーポレーションのご提供です。

以下補足情報

■リアル脱出ゲームとは?
2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。07年に初開催して以降、現在までで940万人以上を動員している。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。
※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
☆リアル脱出ゲーム公式サイト→https://realdgame.jp/  ☆ツイッターアカウント→@realdgame

■SCRAPとは?
2008年、株式会社SCRAP設立。遊園地やスタジアムを貸し切ってリアル脱出ゲームを作ったり、本やアプリ、TV番組にも謎をしかけ、企業の謎解きプロモーション企画をお手伝いしたりしているうちに、すっかり謎イベントの制作会社として世間に認知されてしまった京都出身のフリーペーパー制作会社(しかもフリーペーパーは絶賛休刊中)。勢いに乗ってファンクラブ「少年探偵SCRAP団」も結成。テレビ局・レコード会社などともコラボレーションを行い、常に新しいエンターテインメントを生み出し続けている。  ※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。