HMVプラットフォーム3rd AI&Bigdata Layer:AI SaaS APIの提供開始、2型糖尿病AI「dAIbet」(国内外特許申請済)の利用受付を開始

 メディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎 博之、以下「MDV」)は2型糖尿病AI 「dAIbet」をSaaSサービスとして機能提供を開始します。
 MDVは、HMVプラットフォーム上に構築された、1st から4th までの4階層の機能レイヤーと2種類のSaaS APIの一つの機能である3rd AI&Bigdata Layerを事業者へ向けて提供します。(図-1)

図-1
図-1
図-2
図-2

 このサービスにより自社のサービスから特定の情報を連携することにより2型糖尿病に関するAIサービス結果を密連携しているかのように提供することが可能となります。

コア技術と提供機能の特徴(図-2)
・3億4,000万件の2型糖尿病患者に対する実施済血液検査データ
・独自ロジックに基づいたデータクレンジング、AIディープラーニング、解析にて実現
・糖尿病のリスクを判別するHbA1c検査以外の血液検査項目で利用可能
・血液検査項目の組み合わせ(HbA1cを除く最大23項目)で糖尿病リスク判定機能
・それぞれの血液検査値のHbA1c数値相当のシミュレーション機能
・個人個人が持つ特有の影響度(感応度)の高い検査項目の判定
・生活習慣と糖尿病リスク低下の関連数値をアドバイス

 既に2型糖尿病に悩んでいる方だけではなく、予備軍と呼ばれる方に対してもパーソナライズされた予防案をリコメンド可能となりますので、自社で糖尿病患者向けのサービスを提供している事業者や運動療法、食事療法へ取り組んでいるヘルスケアサービス事業者等、幅広い利用が可能となっています。

 提供方法は 1. SaaS API方式 2. AIエンジンOEM方式 3. 共同開発方式の三通りとなります。

<本件に関するお問い合わせ>
企画 柳沢、平井 Mail:hmvpr@mdv.co.jp  Tel:03-5283-6911(代表)
サイト内問い合わせフォームはこちら
https://www.mdv.co.jp/hypermedical/press/4/