朗読劇「リスナーたちの星空」アフタートークショー決定さらに!ONIGAWARA竹内サティフォ出演決定!

2022年4月27日〜5月1日まで紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演される朗読劇「リスナーたちの星空」。本作は、ラジオを愛する劇作家・土田英生と、現役のラジオ構成作家・宮澤一彰のもと、ミュージカル俳優から、声優、タレントまで、幅広いジャンルのラジオを愛する男女ペア5組10名のキャストが集結しお届けする、 ラジオ局ニッポン放送から送る “ラジオ”がテーマの新しい朗読劇です。

脚本・演出には、軽妙な笑いの中に「人間にとって大事なこと」をさり気なく伝える、軽さと重さがミックスした会話劇に定評のある土田英生を迎え、自らがラジオ好きと語る土田が書き下ろすオリジナル脚本によるリアルなラジオの魅力が凝縮された作品です。脚本協力には、自身も学生時代はラジオのヘビーリスナーとして「ダビッツのメガネ」というペンネームで多くの番組に投稿し、現在はラジオ構成作家として活躍する宮澤一彰が参加。さらに今回、「スーパーJ-POPユニット」を名乗り、往年のJ-POPに対するオマージュが詰まった楽曲と、アイドルばりのステージが注目を集めるONIGAWARAの竹内サティフォが劇中歌と声で本作に出演することが決定!!

出演者には、永田崇人・石井杏奈、荒木宏文・仙名彩世、矢崎広・井上小百合、太田将熙・前田佳織里、武内駿輔・佐藤栞里の男女ペア5組10名が日替わりで上演します。そして今回、各日夜公演終了後にアフタートークショーの実施が決定しました。稽古での様子や、朗読劇の魅力、そしてラジオの魅力など存分に語ります!さらに!!この豪華キャストの直筆メッセージがプリントされたポストカードを来場者特典としてプレゼントすることも決定。劇中に登場するラジオ番組の構成台本をイメージしたデザインを予定しております。どんなメッセージが記載されるかはぜひ劇場にてご確認ください!!

チケットは好評発売中!お見逃しなく!!

【あらすじ】
地方の深夜ラジオ番組『星屑ワイド 濱宮賢治ショウ』
この番組は10年続き惜しまれながらも聴取率が振るわず終了した。
それから10年――。編成の都合で、月一回放送の形で復活することが決まった。しかし期間は一年だけ。
第一回、4月。あるラジオリスナーから番組復活を喜ぶ投稿が届く。それは番組でハガキ職人として有名だった高校生。今は会社員らしい。須永祐紀、ラジオネームは「七転び七起き」。
昔、彼は番組の人気コーナー「あの人への手紙」でラブレターを投稿した。相手は同じ番組のヘビーリスナーの佐倉聖美。その恋愛を番組全体で応援し、最後には結ばれたという流れは伝説になっている。
七転びからメールには、番組復活への喜びと聖美さんとの恋愛の結末などが書かれていた。
当時聴いていたそれぞれからも次々に番組復活のこと、そして思い出話などが投稿されてくる。
すると第二回の5月に聖美さんからの投稿があった。宛先は「七転び七起き」。番組の復活を喜び、そして現在の生活に対する悩みと七転びへの思いが綴られていた。
そして三回目には七転びからの投稿が届く――。
番組がきっかけで結ばれた伝説のカップルの恋の行方を軸に、番組の存続を願うリスナーたち奮闘、そして、それぞれの人生が番組への“投稿”を読む形で物語が紡がれてゆく。

【公演概要】
タイトル:朗読劇「リスナーたちの星空」

脚本・演出:土田英生
脚本協力:宮澤一彰

キャスト:※出演日順
永田崇人×石井杏奈
荒木宏文×仙名彩世
矢崎広×井上小百合
太田将熙×前田佳織里
武内駿輔×佐藤栞里

[全日程出演]石丸奈菜美(MONO) 渡辺啓太(MONO) 松永渚 竹内サティフォ(ONIGAWARA)

公演日程:2022年4月27日(水)~5月1日(日)
4月27日(水)14:00/18:00 永田崇人×石井杏奈
4月28日(木)14:00/18:00 荒木宏文×仙名彩世
4月29日(金)14:00/18:00 矢崎広×井上小百合
4月30日(土)14:00/18:00 太田将熙×前田佳織里
5月1日(日)13:00/17:00 武内駿輔×佐藤栞里

会場:紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

チケット:好評発売中
チケット料金:7,500円(全席指定・税込)※未就学児入場不可

お問い合わせ:Zen-A 03-3538-2300(平日 11:00~19:00)

公式サイト:https://event.1242.com/special/listeners_starry_sky/

主催:ニッポン放送
企画・製作:ニッポン放送