「マンションレビュー」のデータで見る「東京23区のマンション相場変遷10年」 城東エリアでの町名ランキングを発表!

 「不動産×WEB×ビッグデータ」の領域で、さまざまな不動産テックサービスを展開する株式会社ワンノブアカインド(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島 直也、以下当社)は、当社が運営するマンション情報サイト「マンションレビュー」の保有データを元に、「東京23区」の各町名における最新の中古マンション相場(坪単価)および10年での相場の変遷を調査いたしました。
 本調査は、2021年5~6月に当社が発表した「都心6区(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)のマンション相場変遷10年」の続編として公開するもので、第3弾となる今回は、都内でも人気の高い「湾岸エリア」を含む「城東」(台東・墨田・江東・葛飾・江戸川)をピックアップ。東京オリンピック・パラリンピック競技大会の競技会場や関連施設でも注目を集めたエリアの、マンション坪単価および騰落率ランキングを発表いたします。

【城東エリア サマリー】

■マンション坪単価ランキング(2021)
・1位は「台東区池之端」の402万9,500円。ランキング対象の全106町名のうち、唯一、70㎡換算価格が8,000万円を超えた。
・注目度の高い湾岸エリアでは、2位に「江東区豊洲」、3位に「江東区有明」がランクイン。
・各区での坪単価トップの町名は以下のとおり。
台東区 池之端(402万9,500円/70㎡換算価格 8,532万5,100円)
墨田区 太平(323万8,100円/同 6,856万6,500円)
江東区 豊洲(360万200円/同 7,627万1,400円)
葛飾区 亀有(199万4,200円/同 4,222万6,600円)
江戸川区 南小岩(226万7,600円/同 4,801万5,500円)
・前年より価格が上昇した町名は94ヶ所。9割弱の町名で、コロナ禍でも価格上昇した2020年より、さらに坪単価が上昇している。
・前年より価格が下落した町名は12ヶ所。

■10年騰落率ランキング(2011-2021)
2011年と2021年のマンション坪単価より騰落率を算出。
・1位は「台東区三筋」の+59.46%。
・10位までに江東区の湾岸エリア「有明」「豊洲」「辰巳」「東雲」の4ヶ所がランクイン。
・ランキング対象の全112町名のうち、騰落率がマイナスとなったのは3ヶ所。
・騰落率が+20%以上となった町名は70ヶ所。

※2021年7月29日現在の自社データより算出。
※「マンション坪単価ランキング(2021)」は、2021年1月からの販売履歴件数が20件以上ある町名を対象に集計。
※「10年騰落率ランキング(2011-2021)」は、2011~2021年の販売履歴件数が300件以上あり、かつ各年度での販売履歴件数が2件以上ある町名を対象に集計。
※本リリースのデータをご利用の際は、引用元として【マンションレビュー調べ】とご明記ください。
※下記URLの「データ集」に、本プレスリリースに掲載したデータ・グラフをまとめておりますので、ご参照ください。
https://www.mansion-review.jp/pressrelease/detail/date20210820/data.pdf

■城東エリア マンション坪単価ランキング(2021)

■城東エリア 10年騰落率ランキング(2011-2021)

■各区での町名別マンション坪単価 2011-2021変遷

2011~2021年の販売履歴件数が300件以上あり、かつ各年度での販売履歴件数が2件以上ある112町名を対象にグラフ化。
・10年間の相場の変遷では、前回発表の「都心6区のマンション相場変遷10年」同様、2013年以降、第2次安倍政権下での金融緩和政策(アベノミクス)による株価上昇に相関した不動産価格の上昇傾向が強く出ていた。
・集計対象の112町名のうち、約63%に当たる70町名で2013年の坪単価が底値であった。
・集計対象の112町名のうち、約77%に当たる86町名で2021年の坪単価が最高値となり、コロナ禍でも価格上昇の傾向は強いといえる。
・多くの町名で底値であった2013年の坪単価と2021年の坪単価の比較では、「台東区雷門」「江東区平野」で騰落率が+80%を超えた。

<参考>
2013年の坪単価と2021年の坪単価を比較した騰落率では、販売履歴件数の不足により本調査の集計対象外となった町名で、坪単価が2倍近く上昇したところがあった。
・「葛飾区小菅」+100.52% (2013年と2021年の販売履歴件数の合計:33件)
・「葛飾区新宿」+94.93% (同:104件)

<各区における坪単価遷移グラフ>

※各年度の坪単価および販売履歴件数は、別資料のデータ集に記載
https://www.mansion-review.jp/pressrelease/detail/date20210820/data.pdf

【マンションレビューとは】

 当社が2010年より運営しているマンション情報サイト。全国約14万7千棟の物件の概要のほか、『クチコミ』『適正相場』『資産価値』もわかる情報サイトで、年間の訪問ユーザー数は約1,200万人(2020年)。47万人を超える登録会員(無料)や1,700社以上の全国の不動産会社にさまざまな角度からの物件情報・データを提供し、その取引をサポートしてまいりました。
 今後もユーザーの「消費者が後悔しない不動産取引」を実現するべく、さまざまなサービスの開発・提供を進めてまいります。

◆マンション情報サイト「マンションレビュー」
https://www.mansion-review.jp/

◆マンションレビュー公式twitter
https://twitter.com/mansion_review

◆運営会社 株式会社ワンノブアカインド プレスリリース一覧
https://www.one-of-a-kind.co.jp/pressrelease/

【会社概要】
社名:株式会社ワンノブアカインド
所在地:105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目4番7号 虎ノ門36森ビル 10階
代表者:代表取締役社長 川島 直也
設立:2009年9月10日
資本金:3,179万9,000円
事業内容:不動産メディアサービス企画・立案・運営、WEB制作、広告代理業務
コーポレートサイト:https://www.one-of-a-kind.co.jp/